『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=167894)

EID=167894EID:167894, Map:0, LastModified:2011年9月12日(月) 10:21:56, Operator:[宮澤 一人], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 現代音楽芸術論 (読) げんだいおんがくげいじゅつろん
[継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.マルチメディアコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.宮澤 一人
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 20世紀の芸術音楽についてはいわゆる「現代音楽」という言葉でくくられて,日常的にふれる機会が非常に少ないのが現状である.この講義では19世紀末から20世紀の芸術音楽の歴史をなぞることにより,現代という時代に表現活動を行う人間にとって必要不可欠な「現代芸術の理解」を深めることを目的とする.なおポピュラー音楽(ジャズやロック等)は取り上げない.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 20世紀の芸術音楽について,それぞれの重要な作曲家の特徴を学び,作品を鑑賞する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 芸術音楽の危機 (読) [継承]
2. (英) (日) 政治と音楽 (読) [継承]
3. (英) (日) 様々な技法 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.音楽学 ([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.マルチメディアコース]/[学士課程]])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.芸術基礎理論演習 ([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.マルチメディアコース]/[学士課程]])
必要度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 楽譜が読める必要は必ずしもないが,きちんと読める方が学習効果が上がるのは当然である.それ以上に「好奇心旺盛」であることを望む.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 20世紀の芸術音楽の流れを音楽史全体の流れの中で位置づけられる.また,その美しさを体得できる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 20世紀芸術音楽の流れ  
[継承]
2.(英)   (日) ドビュッシー(印象主義?)  
[継承]
3.(英)   (日) ストラヴィンスキー(3大バレエとその周辺)  
[継承]
4.(英)   (日) ドイツの後期ロマン派(煮詰まる音楽)  
[継承]
5.(英)   (日) 表現主義と新ウィーン楽派(無調の始まり)  
[継承]
6.(英)   (日) ストラヴィンスキーの新古典主義(昔帰り?)  
[継承]
7.(英)   (日) 12音技法(無調の組織化へ向かって)  
[継承]
8.(英)   (日) ヒンデミットと新即物主義(実用音楽の理念)  
[継承]
9.(英)   (日) 社会主義リアリズム(政治と音楽)  
[継承]
10.(英)   (日) バルトーク(民俗音楽の組織化)  
[継承]
11.(英)   (日) ヴァレーズと様々な試み(音素材の拡大へ)  
[継承]
12.(英)   (日) 第二次大戦以後の音楽(新しい時代へ)  
[継承]
13.(英)   (日) 60年代の前衛  
[継承]
14.(英)   (日) 70年代以後  
[継承]
15.(英)   (日) 20世紀音楽のもう一つの側面  
[継承]
16.(英)   (日) 20世紀音楽の総括として  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) レポートを使用する.課題は授業中に指示する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 行わない.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 毎回プリントを配付する. その他参考書籍やCDについては講義の際に紹介する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 講義中に紹介する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.宮澤 一人
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 木曜日昼休み(研究室に在室している時は,特別な場合を除いて対応可能)   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 先ず音楽を静かに鑑賞できること.楽譜を読む力は必要ない.   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2009/現代音楽芸術論) 閲覧 【授業概要】(2009/現代音楽芸術論)

標準的な表示

和文冊子 ● 現代音楽芸術論 / 現代音楽芸術論
欧文冊子 ● 現代音楽芸術論 / 現代音楽芸術論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(8) 閲覧【担当授業】…(1)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.48, Max(EID) = 382748, Max(EOID) = 1022230.