『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=167853)

EID=167853EID:167853, Map:0, LastModified:2009年12月18日(金) 22:17:27, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 社会的行為の理論 (その2) (読) しゃかいてきこういのりろん
題目 (不用): (英) (日) 社会的秩序問題への対応としての主意主義的行為の理論の意義と限界.ただしこの講義は平成19年度に開講するものである.2年間かけて講義する (読) [継承]
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程] [継承]
3.2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.吉田 浩
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) タルコット·パーソンズが『社会的行為の構造』において,社会科学の世界における自発的科学革命の結果であり,秩序問題,つまり近代社会の階級的利害対立という深刻な問題に最良に対応しうる位置にあると,その意義を強調する「主意主義的行為の理論」の特質を検討していきたい.主意主義的行為理論とは,限界主義経済学の合理的選択行動の理論に始まり,それを行為の四類型によって補完し再定式化したM·ウェーバーの行為理論へといたる理論的系譜のことである.考察の焦点は,パーソンズが強調する近代資本主義経済における階級的利害の対立という秩序問題を,古典派経済学,マルクス経済学(初期と後期),限界主義経済学,ウェーバー社会学がいかに処理し解決しようとしたかという点であり,この考察の流れのなかで自発的科学革命の最良の産物とパーソンズによって看做された主意主義的行為理論の特質を解明していくのである.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 社会的秩序問題への対応としての主意主義的行為の理論の意義と限界   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 階級的利害の対立 (読) [継承]
2. (英) (日) 秩序問題 (読) [継承]
3. (英) (日) マルクス経済学 (読) [継承]
4. (英) (日) 新古典派経済学 (読) [継承]
5. (英) (日) ウェーバーの社会的行為の理論 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.理論社会学研究(その1)/「事実判断と価値判断―ウェーバーとヘーゲルの見解を中心として―」 ([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) この講義は平成21年度後期に開講する講義である.考察の範囲が古典派経済学,マルクス経済学,限界主義経済学,ウェーバー社会学に及ぶので2年間をかけて講義をしてきたが,21年度は1年で講義をする.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 秩序問題,すなわち階級的利害対立を中心とする問題を様々の社会理論がいかに定式化し解決しようとし,そのことによって社会の秩序を維持しまたは再建しようとしたかを学ぶのである  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 近代社会学の起源  
[継承]
2.(英)   (日) 古典派政治経済学と階級対立=秩序問題の定式化  
[継承]
3.(英)   (日) 初期マルクスの疎外論と政治経済学批判  
[継承]
4.(英)   (日) 資本論における価値,階級,社会理論  
[継承]
5.(英)   (日) 社会学理論による政治経済学批判  
[継承]
6.(英)   (日) 経済学における限界革命  
[継承]
7.(英)   (日) 限界主義による秩序問題の解決  
[継承]
8.(英)   (日) 限界主義から近代社会学へ  
[継承]
9.(英)   (日) マルクス,限界主義,近代社会学  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 試験の際のレポートと,講義内容に対する疑問,問題点を指摘する小レポートによって総合的に評価する.疑問,問題点の指摘に対しては講義で答える.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 可   [継承]
対象学生 (不用): (英)   (日) 2,3年生   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) なし   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 授業のなかで紹介していく   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.吉田 浩
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 木曜日 12時∼13時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 教職免許の単位として本講義を受講すうものは2単位でよい   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2008/社会的行為の理論 (その2)/社会的秩序問題への対応としての主意主義的行為の理論の意義と限界.ただしこの講義は平成19年度に開講するものである.2年間かけて講義する) 閲覧 【授業概要】(2009/社会的行為の理論 (その2))

標準的な表示

和文冊子 ● 社会的行為の理論 (その2) / 社会的行為の理論 (その2) --- 社会的秩序問題への対応としての主意主義的行為の理論の意義と限界.ただしこの講義は平成19年度に開講するものである.2年間かけて講義する / 社会的秩序問題への対応としての主意主義的行為の理論の意義と限界.ただしこの講義は平成19年度に開講するものである.2年間かけて講義する
欧文冊子 ● 社会的行為の理論 (その2) / 社会的行為の理論 (その2) --- 社会的秩序問題への対応としての主意主義的行為の理論の意義と限界.ただしこの講義は平成19年度に開講するものである.2年間かけて講義する / 社会的秩序問題への対応としての主意主義的行為の理論の意義と限界.ただしこの講義は平成19年度に開講するものである.2年間かけて講義する

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(6) 閲覧【授業概要】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.82, Max(EID) = 377313, Max(EOID) = 1010239.