『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=166969)

EID=166969EID:166969, Map:0, LastModified:2008年1月26日(土) 13:37:51, Operator:[石田 基広], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 全学共通教育 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Science and Technology (日) 自然と技術 (読) しぜんとぎじゅつ
題目 (必須): (英) Seminar : Programming for Statistical Computing (日) ゼミナール「統計のためのプログラミング入門」 (読) [継承]
[継承]
形態 (推奨): 1.演習 [継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育] [継承]
担当教員 (必須): 1.石田 基広 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.情報・表現分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 統計解析の基礎とプログラミングの基礎を学ぶ   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 研究や調査においては,手元のデータを出発点に結論を導くが,その過程で,先行研究や研究者の仮説に基づく仮定と,データに基づく結論が正しいかどうかを検定する作業が欠かせない.検定無き論述は,研究ではなく,エッセーにすぎない. この授業では,得られた各種のデータを加工し,統計学的な解析を行うための基礎知識と技術を演習形式で指導する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.統計学 (statistics) [継承]
2.データマイニング (data mining) [継承]
先行科目 (推奨): 1.生活と社会/社会科学のための統計学入門 ([2008/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]])
必要度 (任意): 0.250000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.自然と技術/ゼミナール 「文系のためのプログラミング入門」 ([2008/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (不用): (英)   (日) パソコンの基本操作に問題がないことが受講条件である.ただし工学部の学生については,数値計算に関する課題をエクストラに与えることもあるので,工学部の学生には十分な数学知識があることを要求する.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 毎回,その時間に指導した内容に関する課題,宿題を課すので,欠席すれば,平常点も大幅に下がるものと理解されたい.おおむね3回欠席すると,仮に最終試験が満点でも,不可となることもあると心得られたい. なお当然であるが,教科書は必ず購入すること.また教科書を教室に持参しなかった場合は,その日の授業にはまったくついてこれない.また別の受講生にも迷惑である.従って欠席扱いされてもしかたがないものと心得よ.木曜日3・4時限(午前)に高度情報基盤センターで行う授業である.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) ごく簡単な入出力処理, あるいはデータ処理のロジックが独力で設計できるようになる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) オリエンテーション  
[継承]
2.(英)   (日) R の基礎を学ぶ.起動とメニューの使いかた  
[継承]
3.(英)   (日) データをロードする.データを出力する.  
[継承]
4.(英)   (日) データを分析する.基本統計量の意味と読み方  
[継承]
5.(英)   (日) データをグラフ化する.グラフを保存する.  
[継承]
6.(英)   (日) データを検定する.対応のある(ない)連続量のデータ.離散値のデータの検定  
[継承]
7.(英)   (日) データを加工するためのプログラミング技法1  
[継承]
8.(英)   (日) データを加工するためのプログラミング技法2  
[継承]
9.(英)   (日) データを加工するためのプログラミング技法3  
[継承]
10.(英)   (日) データを加工するためのプログラミング技法4  
[継承]
11.(英)   (日) 高度な解析手法を学ぶ1  
[継承]
12.(英)   (日) 高度な解析手法を学ぶ2  
[継承]
13.(英)   (日) 高度な解析手法を学ぶ3  
[継承]
14.(英)   (日) 復習その1  
[継承]
15.(英)   (日) 復習その2  
[継承]
16.(英)   (日) 総復習  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 毎回の課題と宿題の提出6割 期末試験4割   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 無し   [継承]
教科書 (必須):
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) U・リゲス著 石田基広訳『Rの基礎とプログラミング技法』シュプリンガー・ジャパン, エヴェリット著 石田基広訳『RとS-PLUSによる多変量解析』シュプリンガー・ジャパン   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.石田 基広 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.情報・表現分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 自然と技術 / Science and Technology --- ゼミナール「統計のためのプログラミング入門」 / Seminar : Programming for Statistical Computing
欧文冊子 ● Science and Technology / 自然と技術 --- Seminar : Programming for Statistical Computing / ゼミナール「統計のためのプログラミング入門」

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.41, Max(EID) = 377622, Max(EOID) = 1010668.