『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=166909)

EID=166909EID:166909, Map:0, LastModified:2008年1月12日(土) 09:29:05, Operator:[三好 康夫], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 全学共通教育 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Humanity and Life (日) 人間と生命 (読) にんげんとせいめい
題目 (必須): (英) Microbiology in Life Sciences (日) 身の回りの微生物 (読) [継承]
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2008/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育] [継承]
担当教員 (必須): 1.横井川 久己男
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 身の回りに存在する微生物の構造と機能を学ぶ   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 肉眼では認識できないほど小さな微生物は,私たちの身の回りに多数存在して人間生活と深く関わってきた.本科目では,微生物学の基礎を講述し,身の回りの多種多様な微生物の構造と機能や生理·生化学を解説する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 微生物 (読) [継承]
2. (英) (日) 発酵 (読) [継承]
3. (英) (日) 感染症 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 授業で学んだことを,必ず復習すること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 身の回りの微生物が,人間生活と密接に関わっていることを理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 微生物学の歴史  
[継承]
2.(英)   (日) 微生物の分類と命名  
[継承]
3.(英)   (日) 微生物の形態  
[継承]
4.(英)   (日) 微生物の増殖  
[継承]
5.(英)   (日) 微生物の増殖に影響を与える環境因子1  
[継承]
6.(英)   (日) 微生物の増殖に影響を与える環境因子2  
[継承]
7.(英)   (日) 物質代謝  
[継承]
8.(英)   (日) 微生物による環境浄化  
[継承]
9.(英)   (日) 微生物による物質生産  
[継承]
10.(英)   (日) 発酵商品と微生物1  
[継承]
11.(英)   (日) 発酵商品と微生物2  
[継承]
12.(英)   (日) 病気と微生物  
[継承]
13.(英)   (日) 食中毒細菌の特徴1  
[継承]
14.(英)   (日) 食中毒細菌の特徴2  
[継承]
15.(英)   (日) 試験  
[継承]
16.(英)   (日) 総括授業  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席,受講姿勢,筆記試験により総合的に評価する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 無   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 参考書:微生物学(培風舘).   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.横井川 久己男
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 月曜日16:20-17:50   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 人間と生命 / Humanity and Life --- 身の回りの微生物 / Microbiology in Life Sciences
欧文冊子 ● Humanity and Life / 人間と生命 --- Microbiology in Life Sciences / 身の回りの微生物

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 1, LA = 1.31, Max(EID) = 377734, Max(EOID) = 1010875.