『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=166891)

EID=166891EID:166891, Map:0, LastModified:2009年12月18日(金) 22:17:29, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 全学共通教育 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Living and Society (日) 生活と社会 (読) せいかつとしゃかい
題目 (必須): (英) Search for Meaning (日) 意味喪失と生きるための意味 (読) [継承]
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2008/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育] [継承]
担当教員 (必須): 1.吉田 浩
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 偉大なる社会学者であるM·ウェーバーは歴史の進展過程を合理化として捉える.合理化とは,社会が魔術という非合理的要素から全面的に解放されたということである.従って非合理的要素が徹底的に排除されて,ひたすら合理的に透明となった社会を理性によって捉え,加えてそれを統制し,制御していくことも可能となってきたということでもある.ところが他面でウェーバーは,この合理化過程を社会から意味が喪失する「意味喪失」の過程でもあると看做すのである.およそこの世には生きるための意義があり,意味があるからこそ,我々は日々を生きていくことができるのであるが,近代の合理的社会においてこの意味が喪失したというのであるから,ウェーバーはこの事態をもって「破滅的な意味喪失」の時代と特徴づけているのである.加えてウェーバーは晩年のトルストイの見解に全面的に賛同して,近代社会では人間が「死にがい」を完全に喪失し,それゆえ「生きがい」も見失ったとも主張してくるのである.そこでこの「意味喪失」の時代であり,「死にがい」と「生きがい」とを見失った近代社会において,我々はいかに生きたらよいのかが必然的に重大な問題となってくるのであって,ウェーバー研究者もこの問題について研究を重ねているのである.それが雀部幸隆氏の『知と意味の位相』であり,内田芳明氏の『ヴェーバー歴史の意味をめぐる闘争』であり,大塚久雄氏の著作集第13巻『意味喪失の文化と現代』等々である.とりわけ雀部氏の『知と意味の位相』は深刻な問題提起を内臓しており,知すなわち科学が,この世の意味を見出し,それを科学的に根拠づけていくことが不可能となっていった経過を哲学的に跡づけたものなのである.しかしながら他面においては,この世には立派に意味があり,この意味を解読して人々に教えていくことこそが科学の課題だと指摘する見解も存在しているのである.従ってこの2つの立場を比較·対照させて検討しつつ,私としては科学によってこそ生きるための意味,従って「生きがい」と「死にがい」とを見出すことができるということを論証することを,本講義の目的とする.さしあたり講義の順序としては,雀部氏の見解を最初に検討し,次にウェーバーの意味喪失論を考察し,これらの全体において彼らの意味喪失論を克服していきたい   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 科学による意味破壊という立場と科学によるこの世の意味の解読という立場との比較検証   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 合理化 (読) [継承]
2. (英) (日) 意味喪失 (読) [継承]
3. (英) (日) 生きがいと死にがいの喪失 (読) [継承]
4. (英) (日) 実体の主体化 (読) [継承]
5. (英) (日) 本質と現象 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 少々難解でも,旺盛な知的関心をもってくらいついてくる学生諸君を歓迎する.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) ウェーバーがいうように,科学はこの世には意味があるという幻想を破壊していくのではなく,この世の意味を見出し,それを解読していく点に課題があることを学ぶのである.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 初めにー問題設定  
[継承]
2.(英)   (日) 同上  
[継承]
3.(英)   (日) 雀部幸隆氏の意味喪失論の批判的検討,その1-省部氏における『知と意味』の位相の分裂による意味喪失についてー  
[継承]
4.(英)   (日) 同上  
[継承]
5.(英)   (日) 雀部氏の意味喪失論の批判的検討,その2-省部氏における経験科学の問題点と対象に内在する独自の意味  
[継承]
6.(英)   (日) 同上  
[継承]
7.(英)   (日) 雀部氏の意味喪失論の批判的検討,その3-本質に関する省部氏の見解とその誤謬ー  
[継承]
8.(英)   (日) 同上  
[継承]
9.(英)   (日) 雀部氏の意味喪失論の批判的検討,その4-本質の二類型としての実体と主体と実体の主体化  
[継承]
10.(英)   (日) 同上  
[継承]
11.(英)   (日) ウェーバーの理解社会学と意味喪失論  
[継承]
12.(英)   (日) 同上  
[継承]
13.(英)   (日) ウェーバーの「死にがい」と「生きがい」の喪失論についてーF·テンニエスの見解との対照においてー  
[継承]
14.(英)   (日) 同上  
[継承]
15.(英)   (日) 試験  
[継承]
16.(英)   (日) 総括ー意味の発見と「死にがい」と「生きがい」の回復についてー  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 試験と講義内容に対する疑問,問題点を指摘する小レポートとによって総合的に評価する.疑問,問題点の指摘に対しては講義で答える   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 可   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 私の著書『ウェーバーの社会理論と意味・価値問題』(晃洋書房2008年1月)の第5章,ただし高価(3300円+税)であるので,購買できない者にはコヒ ーをわたす.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) ウェーバー,『職業としての学問』(岩波文庫),『マックス·ヴェーバー宗教社会学論選』(みすず書房),吉田浩著『ウェーバーとヘーゲル,マルクス』(文理閣,2005年)   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) 吉田浩(2240,088-656-7198,メールアト レスyoshida@ias.tokushima-u.ac.jp (読)
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 火曜日12時∼13時,吉田浩研究室(総合科学部1号館南棟2階)   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 生活と社会 / Living and Society --- 意味喪失と生きるための意味 / Search for Meaning
欧文冊子 ● Living and Society / 生活と社会 --- Search for Meaning / 意味喪失と生きるための意味

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 1, LA = 0.64, Max(EID) = 377734, Max(EOID) = 1010874.