『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=166872)

EID=166872EID:166872, Map:0, LastModified:2008年2月21日(木) 19:37:55, Operator:[妹尾 禎之], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 全学共通教育 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Living and Society (日) 生活と社会 (読) せいかつとしゃかい
題目 (必須): (英) Introduction to Macroeconomics (日) マクロ経済学入門 (読) [継承]
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育] [継承]
担当教員 (必須): 1.趙 彤 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.公共政策系.経済・経営分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.公共政策コース])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) マクロ経済学の重要な概念を理解し,日経新聞の経済記事が読めるようになることが本授業のねらいである.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) はじめはマクロ経済学の概念の説明につとめる.身近な世界経済問題から出発し,金融の仕組み,経済の仕組み,そしてマクロ経済学の基本を学習する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 為替相場 (読) [継承]
2. (英) (日) 金利 (読) [継承]
3. (英) (日) 金融・財政政策 (読) [継承]
4. (英) (日) グローバル化世界経済 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (不用): (英)   (日) 物事を理詰めで考える能力を習得しよう.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 受講学生に2回ほどディスカッションしてもらうので,受講人数を40名とする   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 日経新聞の記事が読めること  
[継承]
2.(英)   (日) 経済理論をもって経済現象を考えること  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) これまでの円の動きについて  
[継承]
2.(英)   (日) ヘッジファンドと「ポンド危機」について  
[継承]
3.(英)   (日) 「アジア通貨危機」について  
[継承]
4.(英)   (日) 「ロシア通貨危機」について  
[継承]
5.(英)   (日) これからの「世界の通貨体制」  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席と期末試験あるいはレポート   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 無し   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 講義中指示する   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 細野真宏『経済のニュースがよく分かる本(世界経済編)』小学館   [継承]
2.(英)   (日) 大久保隆弘 『経済学が面白いほどわかる本(マクロ経済編·経済政策論)』,『経済学が面白いほどわかる本(マクロ経済編·マーケット論)』 中経出版   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.趙 彤 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.公共政策系.経済・経営分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.公共政策コース])
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 水曜日 13:00∼14:30   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 生活と社会 / Living and Society --- マクロ経済学入門 / Introduction to Macroeconomics
欧文冊子 ● Living and Society / 生活と社会 --- Introduction to Macroeconomics / マクロ経済学入門

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 4, LA = 0.55, Max(EID) = 378031, Max(EOID) = 1011523.