『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=158650)

EID=158650EID:158650, Map:0, LastModified:2007年5月22日(火) 11:02:28, Operator:[南川 貴子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 貴子], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座 [継承]
著者 (必須): 1.南川 貴子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.療養回復ケア看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.田村 綾子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.市原 多香子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.桑村 由美 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.女性の健康支援看護学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 脳神経疾患で意識障害があり拘縮など廃用症候群の出現した患者を受け持った学生の学び   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1.臨地実習 (clinical practice) [継承]
発行所 (推奨): 日本脳神経看護研究学会 [継承]
誌名 (必須): 日本脳神経看護研究会誌 (日本脳神経看護研究会)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 28 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 37 41 [継承]
都市 (必須): 新潟 (Niigata/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 11月 19日 (平成 17年 11月 19日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 南川 貴子, 田村 綾子, 市原 多香子, 桑村 由美 : 脳神経疾患で意識障害があり拘縮など廃用症候群の出現した患者を受け持った学生の学び, 日本脳神経看護研究会誌, Vol.28, No.1, 37-41, 2005年11月.
欧文冊子 ● Takako Minagawa, Ayako Tamura, Takako Ichihara and Yumi Kuwamura : 脳神経疾患で意識障害があり拘縮など廃用症候群の出現した患者を受け持った学生の学び, 日本脳神経看護研究会誌, Vol.28, No.1, 37-41, Nov. 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.32, Max(EID) = 375122, Max(EOID) = 1005250.