『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=150975)

EID=150975EID:150975, Map:[2006/流域水文工学], LastModified:2007年12月26日(水) 18:53:16, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2007年 (平成 19年) [継承]
名称 (必須): (英) Watershed Hydrologic Engineering (日) 流域水文工学 (読) りゅういきすいぶんこうがく
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2007/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.端野 道夫
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) The purpose of this subject is to learn models and theories on hydrological and chemical cycles in a river watershed.  (日) 降雨·流出システムと河川流域における森林等の土地利用形態と治水·利水·水環境面での相互作用についての定量的把握手法を修得する.   [継承]
概要 (必須): (英) Watershed hydrologic system. Watershed hydrologic processes. Evaporation and transpiration processes. Lumped and distributed rainfall-runoff models. Canopy interception tank model. Heat-pulse transpiration model. Mathematical models of solute runoff process for forested watersheds. Water and solute budgets for forested watersheds. Management system of flood, water resources, and watershed environment.  (日) 降雨·流出システムと河川水系における森林等の土地利用形態との治水·利水·水環境面での相互作用についての定量的把握を目的として,雨水の流出過程,河川流下過程および水質形成に寄与する各種の物質移動過程とその収支について講述する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) Understand models and theories on hydrological cycels  (日) 降雨·流出システムと森林等の土地利用形態との相互作用を定量評価する技術的手法を理解する.  
[継承]
2.(英) Understand models and theories on chemical solute cycles  (日) 河川流域における水質形成に寄与する各種の物質移動についてのモデリング手法を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Hydrologic Cycle in a River Watershed  (日) 河川流域の水循環  
[継承]
2.(英) Rainfall Interception Process in a Forest Watershed  (日) 森林における遮断蒸発過程  
[継承]
3.(英) Transpiration Process in a Forest Watershed  (日) 森林における蒸散過程  
[継承]
4.(英) Runoff Process in a Forest Watershed  (日) 森林流域の流出過程  
[継承]
5.(英) Modeling of Overland flow  (日) 地表面流出モデル  
[継承]
6.(英) Distributed Runoff Models  (日) 分布型流出モデル  
[継承]
7.(英) Modeling of Hydrologic Cycle in a River Watershed (1)  (日) 河川流域における水循環のモデリング(1)  
[継承]
8.(英) Modeling of Hydrologic Cycle in a River Watershed (2)  (日) 河川流域における水循環のモデリング(2)  
[継承]
9.(英) Evaluation Index of Hydrologic Cycle in a River Watershed  (日) 河川流域における水循環の定量評価指標  
[継承]
10.(英) Formation Process of Streamwater Chemistry in a Forest Watershed  (日) 森林流域における渓流水質の形成  
[継承]
11.(英) Runoff Process of Chemical Solutes in Streamwater  (日) 渓流への溶存物質の流出過程  
[継承]
12.(英) Inference of Forest Change to Streamwater Chemistry  (日) 森林の変化が渓流の水質に与える影響  
[継承]
13.(英) Mathematical Model of Solute Runoff in Streamwater (1)  (日) 溶存態物質の渓流水濃度の数理モデル(1)  
[継承]
14.(英) Mathematical Model of Solute Runoff in Streamwater (2)  (日) 溶存態物質の渓流水濃度の数理モデル(2)  
[継承]
15.(英) Modeilng of Water and Solute Cycles in a River Watershed  (日) 河川流域における物質循環のモデリング手法  
[継承]
16.(英) Water and Solute Budgets in a River Watershed  (日) 河川流域における移動物質の収支計算法  
[継承]
評価 (必須): (英) Reports  (日) 到達目標1の達成度を,レポートで算出される評点により評価し,評点≧60%を当目標のクリア条件とする.到達目標2の達成度を,レポートで算出される評点により評価し,評点≧60%を当目標のクリア条件とする.すべての到達目標をクリアした場合を合格とし,成績は,到達目標1と2の評点の重みをそれぞれ50%として算出する.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2006/流域水文工学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2006/流域水文工学) 閲覧 【授業概要】(2007/流域水文工学) 閲覧 【授業概要】(2008/流域水文工学)

標準的な表示

和文冊子 ● 流域水文工学 / Watershed Hydrologic Engineering
欧文冊子 ● Watershed Hydrologic Engineering / 流域水文工学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.50, Max(EID) = 374152, Max(EOID) = 1001965.