『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=150913)

EID=150913EID:150913, Map:[2006/マイクロプロセッサ], LastModified:2007年12月26日(水) 21:03:34, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2007年 (平成 19年) [継承]
名称 (必須): (英) Microprocessors (日) マイクロプロセッサ (読) マイクロプロセッサ
[継承]
形態 (不用): 1.講義および演習 [継承]
コース (必須): 1.2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.福見 稔 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) マイクロプロセッサの基本的な動作原理とそのプログラミングについて習熟し,マイクロプロセッサを活用するために必要な知識を獲得することを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 4ビットに始まり,現在に至るマイクロプロセッサの開発の歴史を概観し,プロセッサ内部の情報表現と2進数での演算方法を理解した後,人類最初のマイクロプロセッサi4004のアーキテクチャを学ぶ. 次いで,i8080とZ80のアーキテクチャを調べ,i8080とZ80の主要マシン命令を用いたアセンブラプログラミングの演習を行う. 次に,16ビットと32ビット,さらにはシステム設計及び実験用プロセッサのアーキテクチャを学ぶ. また,DSPの特徴や最近の高速化実装技術について学ぶ.   [継承]
キーワード (推奨): 1.CPU (CPU) [継承]
2.アセンブラ (assembler) [継承]
先行科目 (推奨): 1.コンピュータ入門1 ([2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/コンピュータ入門1])
必要度 (任意):
[継承]
2.コンピュータ入門2 ([2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/コンピュータ入門2])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.コンピュータアーキテクチャ ([2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/コンピュータアーキテクチャ])
関連度 (任意):
[継承]
2.離散システム解析 ([2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/離散システム解析])
関連度 (任意):
[継承]
3.システム設計及び実験 ([2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/システム設計及び実験])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) コンピュータ入門1及び2を受講しておくことが望ましい.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) マイクロプロセッサの動作原理とそのプログラミングについて修得し,ソフトウェアとハードウェアのバランスのよい学習を行うことを目標とする.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) マイクロプロセッサ開発の歴史  
[継承]
2.(英)   (日) マイクロプロセッサの構成と動作·レポート  
[継承]
3.(英)   (日) プロセッサ内の情報表現,2進数,10進数,16進数  
[継承]
4.(英)   (日) 2進数の加減乗除算·レポート  
[継承]
5.(英)   (日) 4ビットマイクロプロセッサi4004·小テスト  
[継承]
6.(英)   (日) 8ビットマイクロプロセッサi8080とアセンブラ  
[継承]
7.(英)   (日) 8ビットマイクロプロセッサZ80  
[継承]
8.(英)   (日) i8080,Z80のプログラミング実習1·中間テスト  
[継承]
9.(英)   (日) i8080,Z80プログラミング実習2·演習1提出  
[継承]
10.(英)   (日) i8080,Z80プログラミング実習3·演習2提出  
[継承]
11.(英)   (日) DSPとその応用事例·レポート  
[継承]
12.(英)   (日) 16,32ビットマイクロプロセッサ  
[継承]
13.(英)   (日) H8-3069Fのアーキテクチャ  
[継承]
14.(英)   (日) 高速化実装技術  
[継承]
15.(英)   (日) 予備日  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義に対する理解力の評価は講義への参加状況,演習の回答,レポートの提出状況と内容,小テスト,及び中間テストと最終試験の成績を総合して行う.平常点と定期試験の比率は50:50.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 田丸啓吉·安浦寛人 共著「マイクロコンピュータ」共立出版   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) Donald L.Krutz著·奥川峻史 訳「マイクロプロセッサと論理設計」実教出版   [継承]
2.(英)   (日) 大川善邦 著「マイクロコンピュータプログラムの作り方」産報出版   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.福見 稔 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 月曜日15時∼18時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 講義の単元が終わるごとに演習問題やレポートを課し,数回の小テストを実施するので,毎回の予習·復習は欠かさず行うこと.   [継承]
2.(英)   (日) 成績評価に対する平常点と試験の比率は5:5とする. 平常点には講義への参加状況,演習の回答及びレポートの提出状況と内容を含み,試験には小テスト及び中間テストと最終試験の成績を含む.   [継承]
3.(英)   (日) オフィスアワー:原則として月曜日15時∼18時,ただし年度により変更となる可能性があるので掲示に注意すること.   [継承]
4.(英)   (日) DSPとその応用に関するゲストスピーカーの講義を含むことがある.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2006/マイクロプロセッサ)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2006/マイクロプロセッサ) 閲覧 【授業概要】(2007/マイクロプロセッサ) 閲覧 【授業概要】(2008/マイクロプロセッサ)

標準的な表示

和文冊子 ● マイクロプロセッサ / Microprocessors
欧文冊子 ● Microprocessors / マイクロプロセッサ

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(8)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 4, LA = 0.55, Max(EID) = 377643, Max(EOID) = 1010703.