『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=150697)

EID=150697EID:150697, Map:[2006/パターン認識], LastModified:2007年12月26日(水) 20:57:13, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2007年 (平成 19年) [継承]
名称 (必須): (英) Pattern Recognition (日) パターン認識 (読) ぱたーんにんしき
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.寺田 賢治 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 現在,コンピュータの発展に伴い,機械と人間が共生する社会になっている.本講義では,機械が獲得した情報を人間の理解しやすいような情報に変換する技術,すなわちパターン認識について,文字認識,音声認識,画像認識を中心に,応用例をあげながら平易に解説する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 人間同士が情報の交換や記録に用いているメディア,すなわちパターン情報には,文字,音声,画像などがある.人間のこれらのパターン情報を認識する能力は,本能や幼児からの長年の学習によって高度に発達しているが,これらを機械にやらせることは決して容易ではない.本講義では,多くの研究者の研究成果により,徐々に発展してきたパターン認識について,その基本的な概念から応用例まで,文字認識,音声認識,画像認識を中心に解説していく.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) パターン認識論 (読) [継承]
2. (英) (日) 文字認識 (読) [継承]
3. (英) (日) 画像認識 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.信号処理 ([2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/信号処理])
必要度 (任意):
[継承]
2.離散システム解析 ([2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/離散システム解析])
必要度 (任意):
[継承]
3.画像処理工学 ([2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/画像処理工学])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.生体情報工学 ([2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/生体情報工学])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) パターン認識の基礎知識を,講義と演習を通じて身に付ける.  
[継承]
2.(英)   (日) 基礎的な学力と,それを各問題に応用できる能力を身に付ける.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) パターン認識の概要  
[継承]
2.(英)   (日) 線形識別関数,統計的決定理論  
[継承]
3.(英)   (日) クラスタ解析,識別オートマトン理論  
[継承]
4.(英)   (日) 文字パターンとその特徴及び文字認識の基礎  
[継承]
5.(英)   (日) 英数字カナ文字認識  
[継承]
6.(英)   (日) 漢字認識  
[継承]
7.(英)   (日) オンライン手書き文字認識,文字認識応用システム  
[継承]
8.(英)   (日) 中間試験  
[継承]
9.(英)   (日) 音声パターンとその特徴及び音声認識の基礎  
[継承]
10.(英)   (日) 特定話者単語音声認識,不特定話者単語音声認識  
[継承]
11.(英)   (日) 連続音声認識,話者認識,音声認識応用システム  
[継承]
12.(英)   (日) 画像パターンとその特徴及び画像認識の基礎  
[継承]
13.(英)   (日) 濃淡画像の認識,2値画像の認識  
[継承]
14.(英)   (日) 3次元画像の認識,画像の記述  
[継承]
15.(英)   (日) 画像認識の応用システム,パターン認識の未来  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業態度,小テスト,中間テストと,期末テストにより決定される.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 特に指定しない   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 森 健一監修:「パターン認識」電子情報通信学会   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.寺田 賢治 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 再試は一切やらない.   [継承]
2.(英)   (日) 平常点と試験の比率は3:7とする. 前者には,講義への参加状況,演習·小テストの内容,後者には最終試験の成績が含まれる.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2006/パターン認識)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2006/パターン認識) 閲覧 【授業概要】(2007/パターン認識) 閲覧 【授業概要】(2008/パターン認識)

標準的な表示

和文冊子 ● パターン認識 / Pattern Recognition
欧文冊子 ● Pattern Recognition / パターン認識

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(4)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 1.92, Max(EID) = 372548, Max(EOID) = 996414.