『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=150329)

EID=150329EID:150329, Map:[2006/情報通信理論], LastModified:2013年9月12日(木) 13:46:21, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2007年 (平成 19年) [継承]
名称 (必須): (英) Information Theory (日) 情報通信理論 (読) じょうほうつうしんりろん
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.大濱 靖匡
肩書 (任意): 講師 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 高度情報化社会を支える基盤技術である情報通信,情報蓄積技術の基礎となる理論について理解する.   [継承]
概要 (必須): (英) . .  (日) 情報理論は,効率的な情報通信,情報蓄積技術を実現する為の基礎理論である. 本講義では,情報通信,情報蓄積の効率化,高信頼化の理論的限界及び具体的な実現方法についての理解を深める.更に,情報理論の応用である様々な実用技術についても学ぶ.   [継承]
キーワード (推奨): 1.情報源符号化定理 (source coding theorem) [継承]
2.ハフマン符号 (Huffman coding) [継承]
3.通信路符号化定理 (channel coding theorem) [継承]
4.誤り訂正符号 (error correction code) [継承]
先行科目 (推奨): 1.情報数学 ([2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/情報数学])
必要度 (任意):
[継承]
2.確率統計学 ([2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/確率統計学])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.情報数学 ([2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/情報数学])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 情報源符号化,通信路符号化法の概念を理解する.  
[継承]
2.(英)   (日) 具体的な符号化の方式を知る.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 情報理論概説  
[継承]
2.(英)   (日) 情報源のモデル化  
[継承]
3.(英)   (日) 通信路のモデル化  
[継承]
4.(英)   (日) 情報源符号化の基礎概念  
[継承]
5.(英)   (日) ハフマン符号  
[継承]
6.(英)   (日) 情報源符号化定理  
[継承]
7.(英)   (日) 情報源符号化法  
[継承]
8.(英)   (日) 情報源符号化法の実用例  
[継承]
9.(英)   (日) 情報量,エントロピー,相互情報量  
[継承]
10.(英)   (日) 通信路符号化の基礎概念  
[継承]
11.(英)   (日) 通信路符号化定理  
[継承]
12.(英)   (日) 通信路符号化法  
[継承]
13.(英)   (日) 誤り検出·訂正符号  
[継承]
14.(英)   (日) 通信路復号法  
[継承]
15.(英)   (日) 通信路符号化法の実用例  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 課題と期末試験を1対9の比率で評価を行う.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 特に指定しない.適宜,資料を配布する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 嵩忠雄著,情報と符号の理論入門,昭晃堂   [継承]
2.(英)   (日) 今井秀樹著, 情報·符号·暗号の理論, コロナ社   [継承]
3.(英)   (日) 今井秀樹著, 情報理論, 昭晃堂   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.得重 仁
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 年度毎に学科の掲示を参照   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 再試験は行わない.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2006/情報通信理論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2006/情報通信理論) 閲覧 【授業概要】(2007/情報通信理論) 閲覧 【授業概要】(2008/情報通信理論)

標準的な表示

和文冊子 ● 情報通信理論 / Information Theory
欧文冊子 ● Information Theory / 情報通信理論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(6) 閲覧【担当授業】…(1)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 4, LA = 0.74, Max(EID) = 377784, Max(EOID) = 1010968.