『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=150320)

EID=150320EID:150320, Map:[2006/情報工学実地演習], LastModified:2007年12月26日(水) 20:47:18, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2007年 (平成 19年) [継承]
名称 (必須): (英) Internship (日) 情報工学実地演習 (読) じょうほうこうがくじっちえんしゅう
[継承]
コース (必須): 1.2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須):
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 企業等における研究開発活動の場を広く実地に体験させることで,将来の技術者としての目標をより具体的に描かせる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 派遣先の企業等において,予め目標を設定し,その達成に向けて実習を行う.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 事前研修を受講し,社会人としての心構えができているもの.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 情報処理技術の社会に及ぼす影響·効果に関する理解力や責任など, 技術者倫理を養う.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 3年次の夏季休業期間を利用して,2∼3週間にわたり,企業等において実習を行う.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 実習終了後,所定の書式にしたがい,報告書を提出する.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意):
対象学生 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2006/情報工学実地演習)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2006/情報工学実地演習) 閲覧 【授業概要】(2007/情報工学実地演習) 閲覧 【授業概要】(2008/情報工学実地演習)

標準的な表示

和文冊子 ● 情報工学実地演習 / Internship
欧文冊子 ● Internship / 情報工学実地演習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 10, LA = 0.37, Max(EID) = 377664, Max(EOID) = 1010732.