『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=146083)

EID=146083EID:146083, Map:0, LastModified:2006年8月21日(月) 19:13:04, Operator:[渡辺 公次郎], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[渡辺 公次郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Murata Shinichi (日) 村田 真一 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.鵤 心治 ([山口大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.大貝 彰 ([豊橋技術科学大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.日高 圭一郎 (九州産業大学)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.加藤 孝明 ([東京大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.村上 正浩 ([工学院大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.渡辺 公次郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Gohnai Yoshimizu (日) 郷内 吉瑞 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) Kobayashi Takeshi (日) 小林 剛士 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Wide area refuge simulation in suburbs sprawl region in local city  (日) 地方都市の郊外スプロール地域における広域避難シミュレーション   [継承]
副題 (任意): (英) Part1 The System Outline and an Experimentation Summary for the Verification  (日) その1: システム概要と実証実験概要   [継承]
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 日本建築学会 [継承]
誌名 (必須): 日本建築学会大会学術講演梗概集 ([社団法人 日本建築学会])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): F-1 [継承]
(必須):
(必須): 489 490 [継承]
都市 (必須): 横浜 (Yokohama/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2006年 9月 8日 (平成 18年 9月 8日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 村田 真一, 鵤 心治, 大貝 彰, 日高 圭一郎, 加藤 孝明, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞, 小林 剛士 : 地方都市の郊外スプロール地域における広域避難シミュレーション, --- その1: システム概要と実証実験概要 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, (号), 489-490, 2006年9月.
欧文冊子 ● Shinichi Murata, Shinji IKARUGA, Akira Ohgai, Kei-ichiro Hitaka, Takaaki Kato, Masahiro MURAKAMI, Kojiro WATANABE, Yoshimizu Gohnai and Takeshi Kobayashi : Wide area refuge simulation in suburbs sprawl region in local city, --- Part1 The System Outline and an Experimentation Summary for the Verification ---, Summaries of Technical Papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan, Vol.F-1, (号), 489-490, Sep. 2006.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.61, Max(EID) = 376442, Max(EOID) = 1008189.