『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=14497)

EID=14497EID:14497, Map:0, LastModified:2016年2月23日(火) 17:07:29, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.工学基礎教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.工学基礎教育センター.工学基礎講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 桧山 澄子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 花田 孝郎 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.今井 仁司
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Practical Reduction Algorithms for the Data Points from a Plane curve  (日) 実用的な曲線データ点の間引き法   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) We present here practical methods for reducing the data points composing a plane curve. This method is characterized that it works by specifying the rate or th number of the points to be reduced, not by giving the error tolerance. In this method we apply different algorithms according to the property of the original curve and the rate of reducing. This will give highly accurate result and less time in computing. In addition, the means how to estimate the obtained result are treated.  (日) 本論文では気象や地震などの解析に欠かせない地図データの間引き法を2つ提案する. 1つは全体的にみてオリジナル曲線との距離が小さくなるようにデータを間引く方法で, もう1つは局所的にオリジナル曲線との距離が小さくなるようにデータを間引く方法である. 既存の手法に比べて,どちらも間引き率を与えるだけでよいためユーザにとって使い易いものであり, 性能もよいことが 数値的に調べられた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本応用数理学会 [継承]
誌名 (必須): 日本応用数理学会論文誌 ([日本応用数理学会])
(pISSN: 0917-2246)

ISSN (任意): 0917-2246
ISSN: 0917-2246 (pISSN: 0917-2246)
Title: 日本応用数理学会論文誌
Supplier: 一般社団法人日本応用数理学会
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 3 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 85 104 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1993年 1月 1日 (平成 5年 1月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110001883540/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110001883540 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 桧山 澄子, 花田 孝郎, 今井 仁司 : 実用的な曲線データ点の間引き法, 日本応用数理学会論文誌, Vol.3, No.2, 85-104, 1993年.
欧文冊子 ● 桧山 澄子, 花田 孝郎 and Hitoshi Imai : Practical Reduction Algorithms for the Data Points from a Plane curve, 日本応用数理学会論文誌, Vol.3, No.2, 85-104, 1993.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.72, Max(EID) = 360446, Max(EOID) = 965358.