『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=140515)

EID=140515EID:140515, Map:0, LastModified:2019年3月15日(金) 15:06:46, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[部門長]/[大学院ソシオテクノサイエンス研究部.エコシステムデザイン部門]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
(必須): (英) Makita (日) 槇田 (読) まきた [継承]
(必須): (英) Yoji (日) 洋二 (読) ようじ [継承]
ミドルネーム (任意):
生年月日 (推奨): **** [学内]
性別 (推奨): 男性 [継承]
学位 (推奨): 1.博士 [継承]
学位名称 (推奨): 1. (英) (日) 博士(理学) (読)
授与組織 (推奨):
授与年月日 (推奨):
[継承]
出身大学 (推奨): (英) (日) 岡山理科大学工学部 (読) おかやまりかだいがくこうがくぶ
卒業年月日 (推奨): 西暦 1990年 3月 末日 (平成 2年 3月 末日) [継承]
[継承]
出身大学2 (推奨): (英) (日) 岡山理科大学大学院工学研究科 (読) おかやまりかだいがくだいがくいんこうがくけんきゅうか
修士課程修了年月日 (推奨): 西暦 1992年 3月 末日 (平成 4年 3月 末日) [継承]
[継承]
出身大学3 (推奨): (英) (日) 岡山理科大学大学院理学研究科 (読) おかやまりかだいがくだいがくいんりがくけんきゅうか
博士課程修了年月日 (推奨): 西暦 1995年 3月 末日 (平成 7年 3月 末日) [継承]
[継承]
肩書 (必須): 1.(期間: 2007年4月 1日〜2013年3月 31日)  准教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
2.(期間: 2005年10月 1日〜2007年3月 31日)  助教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日) [継承]
所属 (必須): 1.(期間: 2005年10月 1日〜2013年3月 31日)  海洋環境工学 (〜2013年3月31日) [継承]
2.(期間: 〜2013年3月 31日)  エコシステム工学コース.海洋環境工学講座 (2006年4月1日〜) [継承]
電子メール (必須):
電話 (推奨):
電話2 (推奨):
電話3 (任意):
FAX (任意):
国籍 (推奨):
本籍 (推奨): **** [職員]
郵便番号 (任意):
住所 (任意):
部屋 (推奨):
オフィスアワー (推奨):
統合認証ID (推奨):
科研番号 (推奨):
SPAS-ID (推奨):
職員番号 (推奨):
学務教員ID (推奨):
パスワード (任意):
証明書 (任意):
URL (任意):
顔写真 (推奨):
WOS (任意):
Scopus (任意): 1.7101638637 [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● [氏名] 槇田 洋二, Yoji Makita, [Email] (電子メール), [職名・学位] (肩書)・博士(理学), [専門分野] 無機化学, 無機イオン交換体の開発, [所属学会] 日本防菌防黴学会・日本顕微鏡学会・日本イオン交換学会, [社会活動] , [研究テーマ] リチウム同位体分離に関する研究, 水環境中で持続的に使用可能な銀系抗菌剤の開発に関する研究, アルカリ金属塩の高純度化に関する研究, 銀ナノワイヤの生成に関する研究, [キーワード] リチウム, 同位体分離, 抗菌剤, 高純度, 銀ナノワイヤ, [共同研究可能テーマ] (@.collaborate)
欧文冊子 ● [Name] Yoji Makita, [Email] (電子メール), [Title, Degree] (肩書)博士(理学), [Field of Study] Inorganic Chemistry, 無機イオン交換体の開発, [Academic Society] The Sciety for Antibacterial and Antifungal Agents,Japan日本顕微鏡学会日本イオン交換学会, [Social Activity] , [Theme of Study] リチウム同位体分離に関する研究, 水環境中で持続的に使用可能な銀系抗菌剤の開発に関する研究, アルカリ金属塩の高純度化に関する研究, 銀ナノワイヤの生成に関する研究, [Keyword] lithium, 同位体分離, Antimicrobial agents, 高純度, 銀ナノワイヤ, [Collaboratible] (@.collaborate)

関連情報

この個人(槇田 洋二)を参照している情報

閲覧【学位論文】…(1) 閲覧【学会活動】…(3) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【研究活動】…(2)
閲覧【授業概要】…(7) 閲覧【組織】…(3) 閲覧【担当授業】…(1) 閲覧【著作】…(59)
閲覧【特許・実用新案】…(8) 閲覧【履歴】…(11)

この個人(槇田 洋二)が権限を持つ情報

閲覧【学位論文】…(1) 閲覧【学会活動】…(3) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【研究活動】…(2)
閲覧【授業概要】…(8) 閲覧【担当授業】…(1) 閲覧【著作】…(63) 閲覧【特許・実用新案】…(8)
閲覧【履歴】…(11)
Number of session users = 0, LA = 0.29, Max(EID) = 351008, Max(EOID) = 944393.