『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=140515)

EID=140515EID:140515, Map:0, LastModified:2011年1月22日(土) 20:52:56, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[槇田 洋二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
(必須): (英) Makita (日) 槇田 (読) まきた [継承]
(必須): (英) Yoji (日) 洋二 (読) ようじ [継承]
ミドルネーム (任意):
生年月日 (推奨): **** [学内]
性別 (推奨): 男性 [継承]
学位 (推奨): 1.博士 [継承]
学位名称 (推奨): 1. (英) (日) 博士(理学) (読)
授与組織 (推奨):
授与年月日 (推奨):
[継承]
出身大学 (推奨): (英) (日) 岡山理科大学工学部 (読) おかやまりかだいがくこうがくぶ
卒業年月日 (推奨): 西暦 1990年 3月 末日 (平成 2年 3月 末日) [継承]
[継承]
出身大学2 (推奨): (英) (日) 岡山理科大学大学院工学研究科 (読) おかやまりかだいがくだいがくいんこうがくけんきゅうか
修士課程修了年月日 (推奨): 西暦 1992年 3月 末日 (平成 4年 3月 末日) [継承]
[継承]
出身大学3 (推奨): (英) (日) 岡山理科大学大学院理学研究科 (読) おかやまりかだいがくだいがくいんりがくけんきゅうか
博士課程修了年月日 (推奨): 西暦 1995年 3月 末日 (平成 7年 3月 末日) [継承]
[継承]
肩書 (必須): 1.(期間: 2007年4月 1日〜)  准教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
2.(期間: 2005年10月 1日〜2007年3月 31日)  助教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日) [継承]
所属 (必須): 1.(期間: 2005年10月 1日〜)  海洋環境工学 (〜2013年3月31日) [継承]
2.独立行政法人 産業技術総合研究所 [継承]
3.エコシステム工学コース.海洋環境工学講座 (2006年4月1日〜) [継承]
電子メール (必須): y-mākītā (@āīśt ₍.₎ ġō ₍.₎ jp [継承]
電話 (推奨): **** [学内]
電話2 (推奨): **** [学内]
電話3 (任意):
FAX (任意):
国籍 (推奨):
本籍 (推奨): **** [職員]
郵便番号 (任意):
住所 (任意):
部屋 (推奨): (英) National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (日) 産業技術総合研究所 (読) [継承]
オフィスアワー (推奨):
統合認証ID (推奨):
科研番号 (推奨):
SPAS-ID (推奨):
職員番号 (推奨):
学務教員ID (推奨):
パスワード (任意):
証明書 (任意):
URL (任意):
顔写真 (推奨):
WOS (任意):
Scopus (任意):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 部屋[総合研究実験棟]非常勤講師控室 703/内線[4471]   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● [氏名] 槇田 洋二, Yoji Makita, [Email] y-makita@aist.go.jp, [職名・学位] 准教授・博士(理学), [専門分野] 無機化学, 無機イオン交換体の開発, [所属学会] 日本防菌防黴学会・日本顕微鏡学会・日本イオン交換学会, [社会活動] , [研究テーマ] リチウム同位体分離に関する研究, 水環境中で持続的に使用可能な銀系抗菌剤の開発に関する研究, アルカリ金属塩の高純度化に関する研究, 銀ナノワイヤの生成に関する研究, [キーワード] リチウム, 同位体分離, 抗菌剤, 高純度, 銀ナノワイヤ, [共同研究可能テーマ] (@.collaborate)
欧文冊子 ● [Name] Yoji Makita, [Email] y-makita@aist.go.jp, [Title, Degree] Associate Professor博士(理学), [Field of Study] Inorganic Chemistry, 無機イオン交換体の開発, [Academic Society] The Sciety for Antibacterial and Antifungal Agents,Japan日本顕微鏡学会日本イオン交換学会, [Social Activity] , [Theme of Study] リチウム同位体分離に関する研究, 水環境中で持続的に使用可能な銀系抗菌剤の開発に関する研究, アルカリ金属塩の高純度化に関する研究, 銀ナノワイヤの生成に関する研究, [Keyword] リチウム, 同位体分離, 抗菌剤, 高純度, 銀ナノワイヤ, [Collaboratible] (@.collaborate)

関連情報

この個人(槇田 洋二)を参照している情報

閲覧【学位論文】…(1) 閲覧【学会活動】…(3) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【研究活動】…(2)
閲覧【授業概要】…(7) 閲覧【組織】…(3) 閲覧【担当授業】…(1) 閲覧【著作】…(59)
閲覧【特許・実用新案】…(8) 閲覧【履歴】…(11)

この個人(槇田 洋二)が所有している情報

閲覧【画像】…(1) 閲覧【学会活動】…(3) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【個人】…(1)
閲覧【担当授業】…(1) 閲覧【著作】…(35) 閲覧【履歴】…(11)

この個人(槇田 洋二)が権限を持つ情報

閲覧【学位論文】…(1) 閲覧【学会活動】…(3) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【研究活動】…(2)
閲覧【授業概要】…(8) 閲覧【担当授業】…(1) 閲覧【著作】…(63) 閲覧【特許・実用新案】…(8)
閲覧【履歴】…(11)
Number of session users = 0, LA = 1.09, Max(EID) = 347342, Max(EOID) = 930239.