『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=13599)

EID=13599EID:13599, Map:0, LastModified:2012年11月2日(金) 15:49:34, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.光応用工学科.光機能材料講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Sone Masayo (日) 曽根 雅代 (読) そね まさよ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.井上 哲夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Habit changes of NaBrO3 crystals grown from aqueous solution  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) NaBrO3結晶を水溶液から育成した.結晶の晶相は過飽和度によって変化することはいくつか例がある.しかし成長温度の影響についての研究はほとんどない.本研究の特徴は,成長温度の効果に注目した点にある.縦軸に成長温度,横軸に過飽和度をとり,実験結果をまとめた·このようなダイアグラムをモルフォドロム(形態の状態図)という.温度の増大につれてtetrahedral formからcubic form へと変化し,また過飽和度の増大とともにcubic form の領域が増大することがわかった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of the Second International Conference on Advanced Materials Development and Performance, The University of Tokushima (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 702 706 [継承]
都市 (必須): 徳島 ([日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1999年 11月 23日 (平成 11年 11月 23日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Masayo Sone and Tetsuo Inoue : Habit changes of NaBrO3 crystals grown from aqueous solution, Proceedings of the Second International Conference on Advanced Materials Development and Performance, The University of Tokushima, 702-706, Tokushima, Nov. 1999.
欧文冊子 ● Masayo Sone and Tetsuo Inoue : Habit changes of NaBrO3 crystals grown from aqueous solution, Proceedings of the Second International Conference on Advanced Materials Development and Performance, The University of Tokushima, 702-706, Tokushima, Nov. 1999.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.25, Max(EID) = 348694, Max(EOID) = 936700.