『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=134721)

EID=134721EID:134721, Map:0, LastModified:2011年4月6日(水) 22:29:59, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[阪間 稔], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 医学部保健学科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Radiochemistry II (日) 放射化学II (読) ほうしゃかがく
題目 (任意):
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻]/保健学科.放射線技術科学専攻/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.阪間 稔 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.放射線理工学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.医用放射線科学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 放射化学Iでの放射性核種の基礎知識や基礎概念をもとに,放射性核種の応用面(物質と放射線の相互作用や,エネルギーの収支に伴う化学的変化の過程の応用)や,その利用(放射化学の核医学への利用など)について教授していく.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 一般的な元素の化学特性や化学反応の基本現象と,放射性同位体に特有な基本特性との関連性を最初におさえ,放射性核種の化学(標識化合物,ホットアトム化学,同位体交換反応など)と,放射性核種の化学分析(放射分析,放射化分析,放射性核種の分離法)を二つの柱として理解を深めていく.   [継承]
キーワード (推奨): 1.核化学 (nuclear chemistry) [継承]
2.核医学 (nuclear medicine) [継承]
3.原子核 (atomic nucleus) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 核反応とエネルギー  
[継承]
2.(英)   (日) 放射性核種の製造  
[継承]
3.(英)   (日) 放射線防護  
[継承]
4.(英)   (日) 原子力の基礎  
[継承]
5.(英)   (日) 環境中における放射性核種の挙動  
[継承]
6.(英)   (日) 標識化合物とホットアトム化学  
[継承]
7.(英)   (日) 同位体交換反応とラジオコロイド  
[継承]
8.(英)   (日) 放射性核種の分離方法と同位体希釈分析法  
[継承]
9.(英)   (日) 核医学と医療現場で利用される放射性核種  
[継承]
10.(英)   (日) 核医学分野での放射化学的解析方法  
[継承]
11.(英)   (日) テクネチウムの化学とPETの化学  
[継承]
12.(英)   (日) 分子レベルでの放射線効果  
[継承]
13.(英)   (日) 放射線化学  
[継承]
14.(英)   (日) 粒子線加速器  
[継承]
15.(英)   (日) 検出と測定の方法  
[継承]
16.(英)   (日) 試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 試験及びレポート課題,出席   [継承]
再評価 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 放射化学 ショパン著 柴田誠一訳著 丸善出版<放射化学Iと同じ>   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.阪間 稔 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.放射線理工学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.医用放射線科学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 放射化学II / Radiochemistry II
欧文冊子 ● Radiochemistry II / 放射化学II

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.31, Max(EID) = 383970, Max(EOID) = 1027128.