『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=131220)

EID=131220EID:131220, Map:0, LastModified:2021年7月6日(火) 19:06:50, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[渡辺 公次郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻 (〜2014年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Kondo Akiko (日) 近藤 明子 (読) こんどう あきこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.近藤 光男
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Analysis of the Characteristics in Migration between Regions Using the Schedule Model  (日) スケジュールモデルを用いた地域間人口移動の特性分析   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Recently, we have been facing serious concerns related to rapid aging and a very low birthrate in Japan, and it is widely known that the population will start to decrease rapidly. So the analysis of migration phenomena focused on age makes a contribution to the future population policy. In this study, Japan could be identified with variables which were got from applying Rogers model to a migration between regions. Migration schedule curves consideration of outflow and inflow, which were not gained before were estimated. So it is clarified that characteristics of migration phenomena in each region and era.  (日) 今後一層の少子高齢化と人口減少時代を迎えるわが国において,人口移動現象を年齢階級に着目し分析することは今後の人口政策に示唆が得られると考えられる.そこで本研究では,Rogersモデルを都道府県間の人口移動に適用することにより得られるパラメータ及び指標から,都道府県を類型化し,各地域の中心都市を明らかにした.その後,起終点を考慮した人口移動スケジュールを推定し,各圏域における中心都市に関する人口移動の地域的特徴を明らかにするとともに,人口移動の時系列の特徴についても示した.その結果,移動スケジュール曲線は各圏域,各期間において,特徴を持ったものとなり,興味深い結果を得ることができた.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 国土計画 (読) [継承]
2. (英) (日) 地域計画 (読) [継承]
3. (英) (日) 人口分布 (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木計画学研究·論文集 ([社団法人 土木學會])
(pISSN: 0913-4034, eISSN: 1884-8303)

ISSN (任意): 1884-8303
ISSN: 0913-4034 (pISSN: 0913-4034, eISSN: 1884-8303)
Title: 土木計画学研究・論文集
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 22 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 223 230 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2005年 10月 初日 (平成 17年 10月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.2208/journalip.22.223    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 近藤 明子, 近藤 光男 : スケジュールモデルを用いた地域間人口移動の特性分析, 土木計画学研究·論文集, Vol.22, No.1, 223-230, 2005年.
欧文冊子 ● Akiko Kondo and Akio Kondo : Analysis of the Characteristics in Migration between Regions Using the Schedule Model, Infrastructire Planning Review, Vol.22, No.1, 223-230, 2005.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 1.10, Max(EID) = 383292, Max(EOID) = 1024448.