『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=129650)

EID=129650EID:129650, Map:0, LastModified:2011年4月11日(月) 17:58:10, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 人間・自然環境研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 数理情報処理特論 (読) すうりじょうほうしょりとくろん
[継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.人間·自然環境研究科.自然環境専攻]/選択科目 数理科学/[修士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.蓮沼 徹 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.数理科学系.数理情報分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.数理情報講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 多くの組合せ最適化問題がNP困難(即ち最適解を求める効率のよいアルゴリズムを見つけることは期待できないと信じられている)であることが知られている.このような最適化問題に対して,最適解ではなく近似解を効率よく求めるというアプローチがある.本講義では近似アルゴリズムの基礎について解説する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 近似アルゴリズム   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) NP困難性といった近似アルゴリズムの背景の理解,及び近似アルゴリズムの設計手法,近似クラスについて理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) アルゴリズムの設計と解析(1)  
[継承]
2.(英)   (日) アルゴリズムの設計と解析(2)  
[継承]
3.(英)   (日) アルゴリズムの設計と解析(3)  
[継承]
4.(英)   (日) 計算量クラス  
[継承]
5.(英)   (日) 帰着可能性  
[継承]
6.(英)   (日) 最適化問題の計算量(1)  
[継承]
7.(英)   (日) 最適化問題の計算量(2)  
[継承]
8.(英)   (日) 近似アルゴリズムの設計手法(1):グリーディ法  
[継承]
9.(英)   (日) 近似アルゴリズムの設計手法(2):ローカルサーチ  
[継承]
10.(英)   (日) 近似アルゴリズムの設計手法(3):線形計画法  
[継承]
11.(英)   (日) 近似アルゴリズムの設計手法(4):動的計画法  
[継承]
12.(英)   (日) 近似の精度(1)  
[継承]
13.(英)   (日) 近似の精度(2)  
[継承]
14.(英)   (日) 近似クラス(1):APX  
[継承]
15.(英)   (日) 近似クラス(2):PTAS  
[継承]
16.(英)   (日) 近似クラス(3):FPTAS  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業への取り組み状況やレポート等により総合的に評価する.   [継承]
再評価 (必須):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 参考書:G.Ausiello et al., Complexity and Approximation, Springer 1999   [継承]
2.(英)   (日) 参考書:V.V.Vazirani, Approximation Algorithms, Springer 2001   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.蓮沼 徹 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.数理科学系.数理情報分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.数理情報講座])
オフィスアワー (任意): (英)   (日) オフィス·アワー 金曜日 9·10 講時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 数理情報処理特論 / 数理情報処理特論
欧文冊子 ● 数理情報処理特論 / 数理情報処理特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 5, LA = 0.37, Max(EID) = 383891, Max(EOID) = 1026765.