『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=129426)

EID=129426EID:129426, Map:0, LastModified:2011年4月8日(金) 19:26:15, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 人間・自然環境研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 生命科学特論I (読) せいめいかがくとくろん
[継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.人間·自然環境研究科]/人間環境専攻·自然環境専攻 研究科共通科目 現代科学基礎領域/[修士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.小山 保夫
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 毒性科学系の学術誌に掲載される原著論文が現実の環境問題を解決する緒になっているのか,考察する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 環境問題を考える上で毒性科学の役割とは何か.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (不用): (英)   (日) なし.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 問題についての意見を求めますから,会話ができること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 環境科学系の原著論文に於ける考察部分の真偽を見極めたい.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 2004-2005年に毒性科学系学術誌に掲載される内分泌撹乱物質など原著論文を読み,どの様にこれらの問題が変化して来たか,それを論議する.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義中の論議の内容から成績を評価します.論議が進まない場合にはレポートということになります.   [継承]
再評価 (必須):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 環境科学系学術誌の原著論文を資料として使います.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.小山 保夫
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 講義後30分間·細胞情報学研究室(3N06)·oyama@ias.tokushima-u.ac.jp   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 生命科学特論I / 生命科学特論I
欧文冊子 ● 生命科学特論I / 生命科学特論I

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 1, LA = 0.55, Max(EID) = 384034, Max(EOID) = 1027362.