『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=129419)

EID=129419EID:129419, Map:0, LastModified:2011年4月10日(日) 22:54:22, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 人間・自然環境研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 自然環境基礎論I (読) しぜんかんきょうきそろん
[継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.人間·自然環境研究科]/人間環境専攻·自然環境専攻 研究科共通科目 現代科学基礎領域/[修士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.桑折 範彦
肩書 (任意):
[継承]
2.日置 善郎
肩書 (任意):
[継承]
3.小山 晋之
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 自然環境の計測に関連して物理現象の数値的解析方法と関連テーマについてゼミ形式で講義する. ミクロの世界を記述するための基礎である相対論的場の量子論について講義する.必要に応じて演習も行う予定. 学部の物性科学(固体物理)では不十分であった事を補い,さらに進んで超伝導等について基礎から応用を含めてゼミ形式で講義する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 物理的環境·物質計測法,相対論的場の量子論,固体の量子論   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 講義は,受講生によるゼミ形式を中心に進める予定です.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) ·物理現象の数値的解析法について知見を深める.  
[継承]
2.(英)   (日) ·場の量子論に現れる基本的な諸概念について知見を深める.  
[継承]
3.(英)   (日) ·低温電子物性の代表例である超伝導と磁性に関する知見を深める.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 物理現象の数値的解析法と関連事項について講義演習する.  
[継承]
2.(英)   (日) 相対論的な場の量子論の基本的な構成について解説する.  
[継承]
3.(英)   (日) 超伝導の基礎と応用  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) ゼミ形式の講義における発表および質疑応答を中心に評価する.   [継承]
再評価 (必須):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 必要な資料はその都度配布する.また,参考図書も適宜紹介する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.桑折 範彦
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 桑折:随時,教官室に居ればできるだけ対応します. 3号館 1N03 koori@ias.tokushima-u.ac.jp   [継承]
[継承]
2.日置 善郎
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 日置:火曜日午前11時∼午後1時(但し,これ以外の時間も可), 3号館 1N04 hioki@ias.tokushima-u.ac.jp   [継承]
[継承]
3.小山 晋之
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 小山:随時,教官室に居ればできるだけ対応します. 3号館 1N07 koyama@ias.tokushima-u.ac.jp   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 自然環境基礎論I / 自然環境基礎論I
欧文冊子 ● 自然環境基礎論I / 自然環境基礎論I

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(1) 閲覧【担当授業】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.35, Max(EID) = 383950, Max(EOID) = 1026997.