『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=129405)

EID=129405EID:129405, Map:0, LastModified:2011年4月11日(月) 17:49:44, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 人間・自然環境研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) スポーツ·健康科学研究法I (読) スポーツ けんこうかがくけんきゅうほう
[継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.人間·自然環境研究科]/人間環境専攻·自然環境専攻 研究科共通科目 現代科学基礎領域/[修士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.荒木 秀夫
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 我が国における運動行動に関する研究方法は,生理学,解剖学,工学,心理学などの基礎科学的手法が中心で,欧米に見られるようなマクロな行動解析については現在でも,一般的には普及していない現状にある.このことが人間の運動や労働,生活行動などの評価とともに実践的な指導,改善においても立ち後れる原因ともなっている.本演習ではこうした現状を考慮して,動作観察法,行動統計学,電気生理学を中心に,これらに共通する生理科学的な基礎理論を文献購読や実験実習を通して学習することを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 身体機能における運動行動制御の運動生理学的解析法に関する一般的理論と実践を学習する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 5回の実験レポートを提出する.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 運動行動のマクロ解析法の理論と手法を習得する  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 運動行動の構造と動作観察法(演習·実験2回)  
[継承]
2.(英)   (日) 運動行動測定理論 -認知科学と脳科学-(演習·実験3回)  
[継承]
3.(英)   (日) 運動行動解析理論 -波動·エントロピー·エルゴート-(演習·実験3回)  
[継承]
4.(英)   (日) 生体現象と測定機器(演習·実験5回)  
[継承]
5.(英)   (日) 方法論と対象論-(講義2回)  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 試験結果と提出レポートの総合判断による   [継承]
再評価 (必須):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 毎回の授業用資料を配付する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.荒木 秀夫
オフィスアワー (任意): (英)   (日) オフィスアワー 金13·14   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● スポーツ·健康科学研究法I / スポーツ·健康科学研究法I
欧文冊子 ● スポーツ·健康科学研究法I / スポーツ·健康科学研究法I

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 1, LA = 0.40, Max(EID) = 384033, Max(EOID) = 1027361.