『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=129308)

EID=129308EID:129308, Map:0, LastModified:2011年4月11日(月) 15:46:03, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 環境物質影響学 (読) かんきょうぶっしつえいきょうがく
[継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命環境サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2006/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程] [継承]
3.2006/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質·環境コース.地学系サブコース]/[学士課程] [継承]
4.2006/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質·環境コース.化学系サブコース]/[学士課程] [継承]
5.2006/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質·環境コース.物理系サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.金丸 芳
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 我々が現在生活している環境は種々のストレスが多い状況であり,そのような環境下での生命維持を余儀なくされています.そのため,疾病予防や健康維持の方法を自ら選ぶ時代となってきています.また,動植物に含まれる環境物質には,生体の恒常性維持や生体防御や生理機能調節に関与する生体調節機能を有していることが明らかになってきています.そのため,健康寿命の延長(疾病予防や健康維持や老化防止)を期待して,自然環境物質を摂取することが可能となってきている.そのためには,そのような環境物質とその生体調節機能を正しく理解し,正しく利用することが必須となります.そこで,種々の生体調節機能物質について,その機能と生体に及ぼす影響を概説します.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 疾病予防や健康維持のための生体調節機能を有する環境物質   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 健康寿命 (読) [継承]
2. (英) (日) 生体の恒常性 (読) [継承]
3. (英) (日) 自然環境物質 (読) [継承]
4. (英) (日) 生体調節機能 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.細胞機能学 ([2006/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]]/[2006/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命環境サブコース]/[学士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
2.機能物質作用学 ([2006/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命環境サブコース]/[学士課程]]/[2004/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
3.細胞情報学II ([2006/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命環境サブコース]/[学士課程]]/[2006/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 生体調節機能を有する環境物質とその作用機序を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 抗酸化(活性酸素除去)機能  
[継承]
2.(英)   (日) 基底状態酸素と活性酸素  
[継承]
3.(英)   (日) 過酸化脂質  
[継承]
4.(英)   (日) 活性酸素の生成  
[継承]
5.(英)   (日) 活性酸素と生体  
[継承]
6.(英)   (日) 抗酸化物質  
[継承]
7.(英)   (日) ガン予防機能  
[継承]
8.(英)   (日) 発ガンの機構  
[継承]
9.(英)   (日) ガン予防物質  
[継承]
10.(英)   (日) 消化吸収関連機能  
[継承]
11.(英)   (日) 難消化生成分と生体  
[継承]
12.(英)   (日) 微生物活性機能  
[継承]
13.(英)   (日) 難消化生炭水化物  
[継承]
14.(英)   (日) 食物繊維機能  
[継承]
15.(英)   (日) テスト  
[継承]
16.(英)   (日) 総括  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 期末のテストを中心に,小テスト,レポート,出席状況を加味して評価します.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 行ないません.   [継承]
対象学生 (不用): (英)   (日) 3年   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書は使用しません.プリントを適宜配布します.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.金丸 芳
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 特に設定しません.研究室は総合科学部3号館3階北棟生命科学系です.   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 環境物質影響学 / 環境物質影響学
欧文冊子 ● 環境物質影響学 / 環境物質影響学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(5)
Number of session users = 1, LA = 0.35, Max(EID) = 407678, Max(EOID) = 1104447.