『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=128881)

EID=128881EID:128881, Map:0, LastModified:2011年4月6日(水) 20:48:20, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 地域調査実習FII (読) ちいきちょうさじっしゅう
[継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.樋口 直人
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 社会理論を専攻する者でない限り,何らかの経験的なデータによる実証が社会学では求められる.社会調査実習は,卒業論文での実証や卒業後のリサーチに必要な手法を身につけ,特定のテーマでまとまった量の調査報告を執筆することを目的とする.本実習では,聞き取り調査,公文書の収集·分析,情報公開条例の利用,実地調査といった方法により,社会調査の基礎を学んでもらう.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 本年度は,吉野川可動堰問題に対して政治社会学的なアプローチから調査を行う.徳島市と徳島県で持ち上がった第十堰の可動堰化計画は,住民投票を求める住民運動を生み出し,この5年間で徳島の政治文化を変えてしまうほどの大きな影響力を持った.そうした全国的にもまれな事例の調査を通じて,徳島における政治構造とその変動を分析することが,この実習の目的である.その際,調査に関する基礎的な事項は地域調査法FIで学び,具体的な情報収集やインタビューをこの実習で行う.後期の目的は,前期で行った予備的な調査を本格的に進め,報告書の作成まで行い調査の一連のプロセスを経験することにある.また,後期は班に分かれて調査を進めるため,各人が責任を持って参加すること.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 地域調査法FI·IIでは調査の理論と技法を,地域調査実習FI·IIでは実践と応用を学ぶので,同時受講を前提とする.機器の台数や実習室の制約から受講者数を制限する場合がある.授業は1年間で授業全体の計画を実行するため,なるべく通年で受講すること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 年度末には調査報告書(400字詰原稿用紙40枚程度)を執筆してもらい,単位認定する.年明けまでに十分なデータを集めないと執筆など不可能であるのは言うまでもない.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) オリエンテーションと班分け  
[継承]
2.(英)   (日) 行政,議会,市民団体へのアプローチ方法の検討:各人の問題意識との関連で 行政,議会,市民団体へのアプローチ方法の検討:各人の問題意識との関連で  
[継承]
3.(英)   (日) 全体でのインタビュー調査(1):議員へのインタビュー.正確な記録をつけて的確に質問ができているかどうかチェック  
[継承]
4.(英)   (日) 全体でのインタビュー調査(2):国土交通省へのインタビュー  
[継承]
5.(英)   (日) 班ごとのインタビュー調査にむけて:議論のすりあわせとインタビューでの分担  
[継承]
6.(英)   (日) 班ごとのインタビュー調査(1):議員,行政,市民団体  
[継承]
7.(英)   (日) 班ごとのインタビュー調査(2):議員,行政,市民団体  
[継承]
8.(英)   (日) 班ごとのインタビュー調査(3):議員,行政,市民団体  
[継承]
9.(英)   (日) 班ごとのインタビュー調査(4):議員,行政,市民団体  
[継承]
10.(英)   (日) 中間報告会:それぞれの知見の報告と班毎の視点や進行状況の整理,次のインタビューに向けた課題  
[継承]
11.(英)   (日) 班ごとのインタビュー調査(5):議員,行政,市民団体  
[継承]
12.(英)   (日) 班ごとの報告書執筆計画:概要と残り必要な調査,資料の確認  
[継承]
13.(英)   (日) 班ごとのインタビュー調査(6):議員,行政,市民団体  
[継承]
14.(英)   (日) 進行状況の報告会:班毎のレジュメの集約,全体の構成と教員による総論の提示  
[継承]
15.(英)   (日) 報告書草稿の提出,教員による講評と相互批評  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席点,発表の回数と内容により成績評価を行う.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 行わない   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 以下に挙げた書籍については購入してもらう.それ以外の教材に関しては適宜コピーして輪読する.   [継承]
2.(英)   (日) 寄本勝美『ごみとリサイクル』岩波新書   [継承]
3.(英)   (日) 川喜多次郎『発想法』中公新書   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.樋口 直人
オフィスアワー (任意): (英)   (日) (前期)水曜日12時∼13時 (後期)水曜日 12時∼13時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 今年度開講せず 隔年開講   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 地域調査実習FII / 地域調査実習FII
欧文冊子 ● 地域調査実習FII / 地域調査実習FII

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.75, Max(EID) = 405211, Max(EOID) = 1098823.