『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=125781)

EID=125781EID:125781, Map:0, LastModified:2007年12月29日(土) 15:34:15, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Electrical Circuit Theory (日) 電気回路 (読) でんきかいろ
[継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.福井 萬壽夫
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 3 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 直流と正弦波交流の違い,正弦波交流と過渡現象の違い,高周波独特の現象の理解が明確にできることを目的·目標とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 電気回路は,抵抗,キャパシタ,インダクタ,トランス,電源の種々の組み合わせから成り,驚くほど多彩な性質を示す回路である.本講義では,このような電気回路の基本的な性質を直流,正弦波交流,過渡現象,高周波回路に対して詳しく述べる.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 直流においては,抵抗,電源の役割が理解でき,電圧·電流の求め方がわかる.  
[継承]
2.(英)   (日) 正弦波交流においては,周波数,位相,周期,振幅,インピーダンス,共振,複素電力の概念が理解できる.多相波交流の取り扱いが理解でき,ひずみ波交流と正弦波交流の関係がわかる.  
[継承]
3.(英)   (日) 過渡現象の取り扱い方法がわかる.  
[継承]
4.(英)   (日) 高周波回路である分布定数回路の取り扱い方法が理解でき,集中定数回路との区別ができる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 電源とオーム則  
[継承]
2.(英)   (日) キルヒホッフ則と回路のグラフ  
[継承]
3.(英)   (日) 節点解析法と網目解析法  
[継承]
4.(英)   (日) 重ね合わせの理,鳳ーテブナン定理,ノートン定理と補償定理  
[継承]
5.(英)   (日) 相反定理,デルターY変換と正弦波交流の重要パラメータ  
[継承]
6.(英)   (日) インダクタンス,キャパシタンス,相互インダクタンス,インピーダンスとアドミタンス  
[継承]
7.(英)   (日) 共振,変圧器,力率と実効値  
[継承]
8.(英)   (日) 有効電力,無効電力,複素電力と対称三相回路  
[継承]
9.(英)   (日) 非対称多相交流回路,ひずみ波交流  
[継承]
10.(英)   (日) 中間試験  
[継承]
11.(英)   (日) 直流回路の過渡現象解析(RC回路,RL回路,RLC回路)  
[継承]
12.(英)   (日) 交流回路の過渡現象解析(RC回路,RL回路,RLC回路)とラプラス変換  
[継承]
13.(英)   (日) ラプラス変換による過渡現象解析と4端子網  
[継承]
14.(英)   (日) 4端子網の応用と分布定数回路の基本式  
[継承]
15.(英)   (日) 分布定数回路に特有な現象  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義毎に毎回実施するミニテスト,講義への取り組み状況,中間試験,期末試験によって評価する.ミニテスト;36%,講義への取り組み状況;14%,中間試験;25%,期末試験;25%とする.全体で60%以上を合格とする.なお,ミニテストは,講義の始めに前回の講義内容の重要ポイントを5分-10分で実施する.さらに,講義終了時に,講義で重要と思われた点,わかりにくかった点を提出させ,次回の講義にフィードバックさせる.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 単位合格と同一.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) 光応用工学科の学習目標 B   [継承]
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書:電気回路の基礎(曽根悟,檀良 共著,昭晃堂)   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 参考書:電気回路を理解する(小澤孝夫 単著,昭晃堂),電気回路IおよびII(2冊,小澤孝夫 単著,昭晃堂)   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) TEL:088-656-9410,E-mail: fukui@opt.tokushima-u.ac.jp (読)
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 電気回路を理解するには,日々の努力が必要で,それを疎かにすると,「回路嫌い」になってしまう.そこで,講義の内容を理解しては演習に取り組み,電気回路を解析する力,応用する力を確実に自分のものになるよう努力してほしい.   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2006/電気回路) 閲覧 【授業概要】(2007/電気回路)

標準的な表示

和文冊子 ● 電気回路 / Electrical Circuit Theory
欧文冊子 ● Electrical Circuit Theory / 電気回路

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(10)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 2, LA = 0.54, Max(EID) = 383307, Max(EOID) = 1024524.