『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=125717)

EID=125717EID:125717, Map:0, LastModified:2010年1月11日(月) 19:19:28, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Cell Biology (日) 細胞生物学 (読) さいぼうせいぶつがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.長浜 正巳
肩書 (任意): 助教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 生化学1,2,3で学んだ生命科学の基礎の上に立って生体の高次の制御機構を細胞を単位として理解させることを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 生命の基本単位である細胞についての知識とその細胞により構築される組織,器官,身体全体との関わりについて講述する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.細胞 (cell) [継承]
2.細胞小器官 (organelle) [継承]
3.情報伝達 (signal transduction/->キーワード[シグナル伝達]) [継承]
先行科目 (推奨): 1.生化学1 ([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
必要度 (任意):
[継承]
2.生化学2 ([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
必要度 (任意):
[継承]
3.生化学3 ([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
必要度 (任意):
[継承]
4.分子生物学 ([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.細胞工学 ([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
関連度 (任意):
[継承]
2.生体高分子学 ([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
関連度 (任意):
[継承]
3.発生工学 ([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 生化学1,2,3と分子生物学を履修していること.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 英語の教科書を使用するので,予習,復習を行うこと.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 細胞の構造とオルガネラの基本的性質を理解する.  
[継承]
2.(英)   (日) 細胞の増殖と分化を調節する情報伝達機構を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 細胞を構成する成分(タンパク質,リン脂質,糖脂質,コレステロール,糖タンパク質,その他)  
[継承]
2.(英)   (日) 細胞の構造,細胞の種類  
[継承]
3.(英)   (日) 細胞内小器官(1)核,小胞体,ゴルジ体  
[継承]
4.(英)   (日) 細胞内小器官(2)ミトコンドリア,リソソーム,ペルオキシソーム  
[継承]
5.(英)   (日) 細胞内小器官(3)細胞膜,分泌顆粒  
[継承]
6.(英)   (日) タンパク質の生合成と分泌  
[継承]
7.(英)   (日) 細胞間のコミュニケーション  
[継承]
8.(英)   (日) 中間試験(到達目標1および2の一部評価)  
[継承]
9.(英)   (日) 細胞の情報伝達系(1)  
[継承]
10.(英)   (日) 細胞の情報伝達系(2)  
[継承]
11.(英)   (日) 細胞の分化,増殖(1)  
[継承]
12.(英)   (日) 細胞の分化,増殖(2)  
[継承]
13.(英)   (日) 細胞骨格と細胞運動  
[継承]
14.(英)   (日) 組織,臓器,再生医療(生命倫理の面からも講述)  
[継承]
15.(英)   (日) 期末試験(到達目標全ての一部評価)  
[継承]
16.(英)   (日) 解説,まとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 到達目標2項目が各々60%以上達成されている場合をもって合格とする.達成度は中間試験(50%),期末試験(50%)で評価する(出席点は加えない).   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 成績評価と同じ.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) 本学科教育目標(B),(C)に対応する.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) Lodishら著「Molecular Cell Biology (5th ed.)」W. H. Freeman and Company社.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 特に指定しない.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.長浜 正巳
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 原則として再試験は実施しない.   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2006/細胞生物学) 閲覧 【授業概要】(2007/細胞生物学)

標準的な表示

和文冊子 ● 細胞生物学 / Cell Biology
欧文冊子 ● Cell Biology / 細胞生物学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(20)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.22, Max(EID) = 373345, Max(EOID) = 998905.