『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=125708)

EID=125708EID:125708, Map:0, LastModified:2007年12月29日(土) 15:18:15, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Genetic Engineering (日) 遺伝子工学 (読) いでんしこうがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.野地 澄晴 ([徳島大学])
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 各分野の研究,産業の発展に用いられている遺伝子工学について理解する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 前半は,基本的な方法,ベクターとその利用法について,後半は,遺伝子工学がどのような分野に利用されているかについて講義する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 遺伝子操作法 (読) [継承]
2. (英) (日) RNA工学 (読) [継承]
3. (英) (日) タンパク質工学 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.基礎生物工学1 ([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
必要度 (任意):
[継承]
2.生化学1 ([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
必要度 (任意):
[継承]
3.微生物学1 ([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.生化学3 ([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
関連度 (任意):
[継承]
2.分子生物学 ([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
関連度 (任意):
[継承]
3.バイオインフォマティクス ([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 分子生物学を受講しておくこと.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 予習,復習を行い積極的に学習し,ノートを作成すること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 英語のプロトコールが読める.  
[継承]
2.(英)   (日) 遺伝子クローニングの方法を理解する.  
[継承]
3.(英)   (日) PCR,RNAi法の基礎と応用を理解し,実験プロトコールが作成できる.  
[継承]
4.(英)   (日) 組換えタンパク質の合成と精製法を理解する.  
[継承]
5.(英)   (日) 動植物への遺伝子導入法を理解する.  
[継承]
6.(英)   (日) 遺伝子工学の倫理的問題の理解.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 実験プロトコールについて  
[継承]
2.(英)   (日) ベクターを用いたクローニング,レポートの宿題(到達目標1の一部評価)  
[継承]
3.(英)   (日) 発現ベクター  
[継承]
4.(英)   (日) ライブラリー  
[継承]
5.(英)   (日) スクリーニング法  
[継承]
6.(英)   (日) PCR法  
[継承]
7.(英)   (日) RNAi法,レポートの宿題(到達目標3の一部評価)  
[継承]
8.(英)   (日) miRNAについて,中間試験(到達目標1,2,3の一部評価)  
[継承]
9.(英)   (日) 発現ベクターを用いたタンパク質の合成序論  
[継承]
10.(英)   (日) バクテリアを用いた方法  
[継承]
11.(英)   (日) 哺乳動物細胞を用いた方法,レポートの宿題(到達目標4の一部評価)  
[継承]
12.(英)   (日) トランスジェニック動物について  
[継承]
13.(英)   (日) トランスジェニック植物について  
[継承]
14.(英)   (日) 動物のクローンについておよび遺伝子工学の倫理について  
[継承]
15.(英)   (日) 最新の遺伝子操作技術について  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験(到達目標全ての一部評価)  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席率80%以上で,到達目標6項目が各々60%以上達成されている場合をもって合格とする.達成度は中間試験(30%),レポート(30%),期末試験(40%)で評価する(出席点は加えない).   [継承]
再評価 (不用): (英)   (日) 原則として再試験はおこなわない.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 成績評価と同じ.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) 本学科教育目標(A),(C),(D)に対応する.   [継承]
対象学生 (任意): 他学科学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 野島 博 著「ゲノム工学の基礎」東京化学同人   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) Sambrook·Russell「Molecular cloning」Cold Spring Harbor Laboratory Press   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.野地 澄晴 ([徳島大学])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 原則として再試験は実施しない.   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2006/遺伝子工学) 閲覧 【授業概要】(2007/遺伝子工学)

標準的な表示

和文冊子 ● 遺伝子工学 / Genetic Engineering
欧文冊子 ● Genetic Engineering / 遺伝子工学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(18)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.56, Max(EID) = 371563, Max(EOID) = 992432.