『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=125261)

EID=125261EID:125261, Map:0, LastModified:2009年12月26日(土) 18:15:00, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Theory of Electrical Communication (日) 通信工学特論 (読) つうしんこうがくとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.入谷 忠光
肩書 (任意):
[継承]
2.大家 隆弘 ([徳島大学.インスティトゥーショナル・リサーチ室]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース.電気電子システム講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) Understanding analysing techniques of the communication system and multi-nodes networks.  (日) 通信の理論解析手法および多ノード間の通信に必要な通信制御方式を修得させる.   [継承]
概要 (必須): (英) The purpose of communication theory is to analyze the transmission of information-bearing signal via communication channels. The lecture is concerned with the study of digital communication. Fundamental mathematics for digital communication, pulse code modulation, basic digital modulation/demodulation techniques for baseband and carrier transmission are discussed in this lecture. Furthermore, as an example of digital communication, we discuss architecture and implementation of computer networks. (Lecture style)  (日) 通信理論の目的は,通信路における情報伝送特性を解析することである.本講義では,まずディジタル通信を対象とし,理論解析のために必要な数学および符号化·復号化,パルスコーディング,ベースバンド伝送と搬送波伝送における基本的な変復調技術(データ誤り確率および誤り訂正,誤り制御)を講述する. その後,ディジタル情報通信の実現例としてコンピュータネットワークの構成,実装例について講述する. (講義形式)   [継承]
キーワード (推奨): 1.ディジタル通信 (digital communication) [継承]
2.コンピュータネットワーク (computer networks) [継承]
3.ネットワークアーキテクチャ (network architecture) [継承]
先行科目 (推奨): 1.通信工学 ([2006/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]])
必要度 (任意):
[継承]
2.通信応用工学 ([2006/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]])
必要度 (任意):
[継承]
3.コンピュータネットワーク ([2006/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英) Students are required to have a good understanding of undergraduate-level communication engineering and related subjects.  (日) 学部教育における通信工学を理解していること.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) Understanding the analysing techniques of the communication system.  (日) 通信の理論解析のための必要な手法を修得する.  
[継承]
2.(英) Understanding the control techniques and implementation of computer network application.  (日) ネットワーク通信の制御方式およびネットワーク上のアプリケーション実装方法について理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Overview of digital communication  (日) ディジタル通信の概要  
[継承]
2.(英) Mathematical preparation  (日) 数学的な準備  
[継承]
3.(英) Coding and decoding  (日) 符号化と復号化  
[継承]
4.(英) Pulse code modulation  (日) パルスコード変調  
[継承]
5.(英) Baseband modulation  (日) ベースバンド変調  
[継承]
6.(英) Carrier modulation  (日) 搬送波変調  
[継承]
7.(英) Error correction and control  (日) 誤り訂正と誤り制御  
[継承]
8.(英) Network architecture  (日) ネットワークアーキテクチャ  
[継承]
9.(英) Physical layer and datalink layer  (日) 物理層とデータリンク層  
[継承]
10.(英) Network layer and routing  (日) ネットワーク層と経路制御  
[継承]
11.(英) Transport layer  (日) トランスポート層  
[継承]
12.(英) Traffic control  (日) トラフィック制御  
[継承]
13.(英) Session, presentation and application layer  (日) セッション層,プレゼンテーション層,アプリケーション層  
[継承]
14.(英) Implementation example of application layer (part 1)  (日) アプリケーションの実装例(その1)  
[継承]
15.(英) Implementation example of application layer (part 2)  (日) アプリケーションの実装例(その2)  
[継承]
評価 (必須): (英) Assignments count 100%.  (日) 授業最終日に課すレポートで評価する.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) To be introduced in the class.  (日) 授業中に紹介する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.入谷 忠光
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.大家 隆弘 ([徳島大学.インスティトゥーショナル・リサーチ室]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース.電気電子システム講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2006/通信工学特論) 閲覧 【授業概要】(2007/通信工学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 通信工学特論 / Advanced Theory of Electrical Communication
欧文冊子 ● Advanced Theory of Electrical Communication / 通信工学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(2) 閲覧【担当授業】…(3)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 1, LA = 0.18, Max(EID) = 362803, Max(EOID) = 970670.