『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=125260)

EID=125260EID:125260, Map:0, LastModified:2007年12月26日(水) 23:06:54, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Theory of System Analysis (日) システム解析特論 (読) しすてむかいせきとくろん
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.川上 博
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) Modeling, analysis method and design method of dynamical systems are introduced in this lecture.  (日) 集中定数系で記述される動的システムに関して,モデリング,解析手法,設計手法について講述する.   [継承]
概要 (必須): (英) An analytical method of linear lumped constant systems is introduced in this lecture. Also, various nonlinear phenomena and the qualitative analysis method are explained. Futhermore, relationship between linear systems and nonlinear ones are discussed in this lecture.  (日) 古典力学や電気回路は,時間を独立変数,状態を従属変数と考え,状態に関する微分方程式でモデル化されるシステムの典型的な例である.この講義では,主として次の3点について講述する.1.線形集中定数系の解析方法を概観し,他の講義で扱われる内容との関連性を明確にする.2.非線形システムにみられる現象を紹介し,定性的な解析手法を展開する.3.線形系は非線形系の局所的な近似系と考えることができる.このことに関する両者の密接な関係を講述する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) Understand behaviors of linear systems  (日) 線形システムの時間応答,周波数応答,安定性について理解する.  
[継承]
2.(英) Understand behaviors of nonlinear systems and the qualitative analysis method.  (日) 非線形システムについて,定性的解析手法を理解し,大域的な現象を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Dynamical systems and mechnics system models(2weeks)  (日) 動的システムと力学系モデルの例について考える(2回分)  
[継承]
2.(英) Components in mechnics systems  (日) 力学系の構成要素について考える  
[継承]
3.(英) Classification of components in mechanics systems(2weeks)  (日) 力学系の構造を分類する(2回分)  
[継承]
4.(英) Equilibria and their stability(3weeks)  (日) 平衡点とその安定性を考える(3回分)  
[継承]
5.(英) Fixed points of discrete time systems and their stability(2weeks)  (日) 離散時間システムの固定点とその安定性を解析する(2回分)  
[継承]
6.(英) Analytic approach for periodic solutions  (日) リズム現象と周期振動の解析法をみる(2回分)  
[継承]
7.(英) Biburcations  (日) 不変集合と分岐現象を知る  
[継承]
8.(英) Chaotic state  (日) 大域的性質とカオスを紹介する  
[継承]
9.(英) linear phenomenon and nonlinear ones  (日) 線形現象と非線形現象について考える  
[継承]
10.(英) summary and examination  (日) まとめとテスト  
[継承]
評価 (必須):
再評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.川上 博
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2006/システム解析特論) 閲覧 【授業概要】(2007/システム解析特論)

標準的な表示

和文冊子 ● システム解析特論 / Advanced Theory of System Analysis
欧文冊子 ● Advanced Theory of System Analysis / システム解析特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(6)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 1.05, Max(EID) = 366148, Max(EOID) = 980568.