『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=125151)

EID=125151EID:125151, Map:0, LastModified:2007年12月26日(水) 23:06:18, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Material Engineering (日) 材料工学 (読) ざいりょうこうがく
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.吉田 憲一
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
2.高木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.材料科学分野]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース.機械科学講座]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.材料科学講座]/[徳島大学.工学部.機械工学科.機械科学講座])
肩書 (任意): 助教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) This class acquires the knowledge on solidification and growth, transformation, heat treatment, thermomechanical treatment in materials, material structure control and composite materials  (日) 材料の凝固と成長,変態,熱処理,加工熱処理,材質制御および複合材料に関する知識を習得する.   [継承]
概要 (必須): (英) Recent research development is remarkable in the material field. Solidification and growth of materials, transformation, heat treatment and thermomechanical treatment will be introduced from the point of engineering view based on material science. Also up-to-date topics will be lectured on material structure control and composite materials. Practices and repoprts will be imposed in each chapter to evaluate results of students. This subject is related to industrial problems.  (日) 最近の材料分野における研究開発は,めざましいものがある.そこで,材料科学の基礎をもとにして工学的見地から,材料の凝固と成長,変態,熱処理および加工熱処理について講義する.また,材質制御および複合材料に関する最近の話題についても合わせて述べる.各章ごとに演習およびレポートを課すことにより,理解を深めるとともに,評価の対象にする.工業にかかわる科目である.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) the study of failure (日) 失敗学 (読) しっぱいがく [継承]
2. (英) material structure control (日) 材質制御技術 (読) ざいしつせいぎょぎじゅつ [継承]
3. (英) environment-friendly composites (日) 環境に優しい複合材料 (読) かんきょうにやさしいふくごうざいりょう [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.材料物性特論 ([2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士前期課程]])
関連度 (任意): 0.300000 [継承]
[継承]
2.金属加工学 ([2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士前期課程]])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英) Students are required to be interested in materials and have the good understanding of material science in an undergraduate course.  (日) 材料に興味があり,学部教育における材料科学を理解していること.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To understand the structural control of materials  (日) 材料の材質制御技術について理解する.  
[継承]
2.(英) To understand the mechanics of composites and the benign technology for envirnment  (日) 複合材料の力学と環境調和技術について理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Introduction to the study of failure  (日) 失敗学のすすめ  
[継承]
2.(英) Material engineering and ethics for engineers  (日) 材料工学と技術者倫理  
[継承]
3.(英) Innovation of material processing toward environmentally benign society  (日) 低環境負荷時代へのプロセスの革新  
[継承]
4.(英) Barrier-free processing and treatment of impurity elements  (日) バリアフリープロセスと不純物元素の取り扱い  
[継承]
5.(英) Construction of deformation process suppressing deteriorating effects of impurites in steel material  (日) 鉄鋼材料における不純物無害化プロセスの構築  
[継承]
6.(英) High-strain rate flexible forming of aluminum and magnesium alloys  (日) アルミニウムおよびマグネシウム合金の高速柔軟成型法  
[継承]
7.(英) Material structure control due to the thermomechanical treatment of steel materials  (日) 鉄鋼材料の加工熱処理による材質制御  
[継承]
8.(英) Up-to-date material structure control technology  (日) 最近の材質制御技術  
[継承]
9.(英) Concept of composite materials  (日) 複合材料の概念  
[継承]
10.(英) Characteristics of composite materials  (日) 複合材料の特性  
[継承]
11.(英) Functions of composite materials  (日) 複合材料の機能  
[継承]
12.(英) Rule of mixture (modulus of elasticity)  (日) 複合則(弾性率)  
[継承]
13.(英) Rule of mixture (stress)  (日) 複合則(応力)  
[継承]
14.(英) Environmental problem and recycle of composite material  (日) 複合材料の環境問題とリサイクル  
[継承]
15.(英) Environment-friendly green composites  (日) 環境にやさしいグリーンコンポジット  
[継承]
16.(英) Regular test  (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英) Regular test result 100%  (日) 定期試験の結果で評価する.   [継承]
再評価 (必須): (英) No make-up test will be given.  (日) 特別な事情がある場合を除き,再試を行わない.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) Not used (Yoshida).  (日) 特に使用しない (吉田).   [継承]
2.(英) Will be introduced in the class (Takagi).  (日) 授業中に紹介する(高木).   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) Will be introduced in the class.  (日) 授業中に紹介する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.吉田 憲一
オフィスアワー (任意): (英) Thursday and Friday, 17:00 to 18:00  (日) 木曜日および金曜日の17:00から18:00   [継承]
[継承]
2.高木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.材料科学分野]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース.機械科学講座]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.材料科学講座]/[徳島大学.工学部.機械工学科.機械科学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2006/材料工学) 閲覧 【授業概要】(2007/材料工学)

標準的な表示

和文冊子 ● 材料工学 / Material Engineering
欧文冊子 ● Material Engineering / 材料工学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(6) 閲覧【担当授業】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.57, Max(EID) = 362802, Max(EOID) = 970669.