『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=125071)

EID=125071EID:125071, Map:0, LastModified:2009年11月28日(土) 18:55:37, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Nonlinear Circuit Technology (日) 非線形回路工学特論 (読) ひせんけいかいろこうがくとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義および演習 [継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.西尾 芳文 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) Nonlinear circuits technology is lectured.  (日) 非線形回路の工学システムへの応用について講述する.   [継承]
概要 (必須): (英) Various nonlinear circuits from communication circuits such as oscillators and modulators to large scale analog circuits including neural networks are utilized in recent technology. In this course, analysis methods, design methods and simulation methods of these nonlinear circuits are lectured. Furthermore, recent development of nonlinear circuit technology is introduced and future applications are discussed. (Style: Lecture)  (日) 発振回路や変復調回路などの通信用回路から,ニューラルネットワークなどの大規模回路網に至るまで,様々な規模の非線形回路が工学システムとして応用されている.これら非線形回路を工学システムとして応用するために必要な解析手法,設計手法,シミュレーション手法について講述する.さらに,非線形回路を利用した最先端技術について紹介し,将来の工学システムへの応用について述べる.(授業形態:講義形式)   [継承]
キーワード (推奨): 1.非線形回路 (nonlinear circuits) [継承]
2.ニューラルネットワーク (neural network) [継承]
3.カオス回路 (chaotic circuits) [継承]
先行科目 (推奨): 1.回路理論特論 ([2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士前期課程]])
必要度 (任意): 0.700000 [継承]
[継承]
2.複雑系システム工学特論 ([2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士前期課程]]/[2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.知能情報システム工学コース]/[博士前期課程]])
必要度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
3.システム解析特論 ([2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士前期課程]])
必要度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.非線形システム設計特論 ([2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程]])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
要件 (任意): (英) Students are required to know how to analyze basic linear circuits.  (日) 基本的な線形回路の解析手法を習得していること.   [継承]
注意 (任意): (英) Course is taught in English.  (日) 講義は,原則として英語で行う.   [継承]
目標 (必須): 1.(英) Understanding of importance of nonlinear circuit technology.  (日) 工学システムにおける非線形回路の重要性を理解する.  
[継承]
2.(英) Learning of technique dealing nonlinear circuit technology.  (日) 非線形回路工学を取り扱う技術を修得する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Nonlinear circuits in engineering systems.  (日) 工学システムにおける非線形回路  
[継承]
2.(英) Oscillators.  (日) 発振器回路  
[継承]
3.(英) Communication circuits.  (日) 通信用回路  
[継承]
4.(英) Neural networks.  (日) ニューラルネットワーク  
[継承]
5.(英) Chaotic circuits.  (日) カオス回路  
[継承]
6.(英) Ultra-high speed integrated circuits.  (日) 超高速集積回路  
[継承]
7.(英) Analysis of nonlinear circuits.  (日) 非線形回路の解析手法  
[継承]
8.(英) Design of nonlinear circuits.  (日) 非線形回路の設計手法  
[継承]
9.(英) Simulation methods of nonlinear circuits.  (日) 非線形回路のシミュレーション手法  
[継承]
10.(英) Recent development of nonlinear circuits (for 2 lectures).  (日) 非線形回路の最先端技術(2回分)  
[継承]
11.(英) Future applications of nonlinear circuits (for 3 lectures).  (日) 非線形回路を利用した将来の工学システム(3回分)  
[継承]
12.(英) Conclusions.  (日) まとめ  
[継承]
13.(英) Final examination.  (日) テスト  
[継承]
評価 (必須): (英) Final examination 80% and exercise 20%.  (日) 試験80%,平常点(レポート)20%で評価し,全体で60%以上あれば合格とする.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) None.  (日) なし   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.西尾 芳文 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2006/非線形回路工学特論) 閲覧 【授業概要】(2007/非線形回路工学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 非線形回路工学特論 / Advanced Nonlinear Circuit Technology
欧文冊子 ● Advanced Nonlinear Circuit Technology / 非線形回路工学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(2) 閲覧【担当授業】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 3, LA = 0.43, Max(EID) = 383293, Max(EOID) = 1024467.