『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=125062)

EID=125062EID:125062, Map:0, LastModified:2010年1月10日(日) 16:50:04, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Power Energy Conversion and Control Engineering (日) パワー変換工学特論 (読) ぱわーへんかんこうがくとくろん
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.大西 徳生
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) To investigate and learn new energy conversion and control technologies in the fields of the electric power system and the renewable energy.  (日) パワーエレクトロニクス技術を使った電力系統や新エネルギー分野における新しい電気エネルギーの変換と制御法を調査学修する.   [継承]
概要 (必須): (英) Power electronics technologies in utility interconnection systems such as HVDC (High-Voltage Direct-Current) transmission system, SVG (Static Var Generator), UPS (Uninterruptible Power Supply) and FACTS (Flexible AC Transmission System) and in renewable energy development system such as photovoltaic, wind and fuel cell power generation system.  (日) 既存のエネルギーの有効利用法としてのHVDC(高圧直流送電),SVG(静止無効電力補償装置),UPS(無停電電源),FACTS(フレキシブル交流送電システム)や,太陽光発電,風力発電,燃料電池などによる新エネルギーの開発および有効利用を目的に,パワーエレクトロニクス技術を導入したエネルギーの変換と制御法について講述する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.エネルギー変換 (energy conversion) [継承]
2.エネルギー制御 (energy control) [継承]
3. (英) utility interconnection control system (日) 系統連系制御システム (読) けいとうれんけいせいぎょしすてむ [継承]
4. (英) renewable energy (日) 新エネルギー (読) しんえねるぎー [継承]
先行科目 (推奨): 1.パワーエレクトロニクス特論 ([2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士前期課程]])
必要度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英) Prerequisites:It is preferable to have knowledge equal with power electronics in undergraduate and advanced power electronics in masters degree course.  (日) 学部教育におけるパワーエレクトロニクス,博士前期課程にけるパワーエレクトロニクス特論の科目履修と同等の知識を有していることが望ましい.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) State of the Arts and Trends of The Utility Interconnection System using Power Electronics Technology  (日) パワーエレクトロニクス技術の電力系統への適用技術の現状と動向を把握させる.  
[継承]
2.(英) State of The Arts and Trends of The Renewable Energy Development using Power Electronics Technology  (日) パワーエレクトロニクス技術の新エネルギー源への適用技術の現状と動向を把握させる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Introduction od Power Electronics Technology in Utility Interconnection System  (日) 電力系統分野におけるパワーエレクトロニクス技術概要  
[継承]
2.(英) High Voltage Direct Current Transmission System  (日) HVDC(高圧直流送電)  
[継承]
3.(英) Flexible AC Transmission System  (日) FACTS(フレキシブル交流送電システム)  
[継承]
4.(英) Static Var Generator  (日) SVG(静止無効電力補償装置)  
[継承]
5.(英) Unified Power Flow Controller  (日) UPFC  
[継承]
6.(英) Uninteruptible Power Supply  (日) UPS(無停電電源装置)  
[継承]
7.(英) INtroduction of Power Electronics Technology in Renewable Energy  (日) 新エネルギー分野におけるパワーエレクトロニクス技術概要  
[継承]
8.(英) Photovoltaic Power Generation System  (日) 太陽光発電システム  
[継承]
9.(英) Wind Power Generation System  (日) 風力発電システム  
[継承]
10.(英) Micro Gas Turbine System  (日) マイクロガスタービンシステム  
[継承]
11.(英) Fuel Cell System  (日) 燃料電池システム  
[継承]
12.(英) Charging and Discharging System for DC Battery  (日) 蓄電池充放電システム  
[継承]
13.(英) Hybrid Power Supply System  (日) ハイブリッド電源システム  
[継承]
14.(英) Distributed Generation System  (日) 分散型電源システム  
[継承]
15.(英) Discussion for Reports  (日) レポート提出に基づくディスカッション  
[継承]
評価 (必須): (英) Report and presentation  (日) レポート提出内容に関してのプレゼンテーション   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.大西 徳生
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2006/パワー変換工学特論) 閲覧 【授業概要】(2007/パワー変換工学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● パワー変換工学特論 / Power Energy Conversion and Control Engineering
欧文冊子 ● Power Energy Conversion and Control Engineering / パワー変換工学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(2) 閲覧【担当授業】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 1, LA = 1.08, Max(EID) = 383263, Max(EOID) = 1024353.