『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=124979)

EID=124979EID:124979, Map:0, LastModified:2007年12月26日(水) 23:03:02, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[博士後期課程運営委員会委員長]/[工学研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Science and Technology Studies (日) 科学技術論 (読) かがくぎじゅつろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
2.2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
3.2006/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士後期課程] [継承]
4.2006/[環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士後期課程] [継承]
5.2006/[エコシステム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
6.2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程] [継承]
7.2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.知能情報システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
8.2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.後藤 邦夫 ([桃山学院大学])
肩書 (任意): 非常勤講師 ([教職員.教員]/[非常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) Let to learn the minimum essentials of science and technology studies and its function in contemporary society.  (日) 科学技術論の概要と現代社会におけるその機能について,必要な知識を学ばせる.   [継承]
概要 (必須): (英) The science and technology studies deal with science and technology research and its outcomes by means of various methods of social science and humanities. The discipline emerged in 1930s when social importance of science and technology became evident. Since 1970s, the science and technology studies have developed as mission oriented learning for government policy, buisiness administrations and civic activity. students are expected to learn the outline of this discipline : the philosophy of science, history of science and technology, and sociology of science and technology, as well as their application to the problems in contemporary society since 1970s.  (日) 科学技術論は,科学技術に関する研究活動と成果について,社会科学や人文学の多様な領域の知識を用いて行う研究である.科学技術の社会的重要性が明らかになった1930年代から,学問として形成され,1970年代から国の政策,企業経営,市民生活など多くの分野で実用化されている.この講義では,科学の哲学的分析,科学技術史研究,科学技術の社会学などの概要とともに,1970年代以降の具体的な事例によって,その役割を示す.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) Understanding of the minimum essentials of the science and technology  (日) 科学技術論の内容の理解.  
[継承]
2.(英) Understanding of the social meaning of each student's research  (日) 学生たち自身の研究の社会的意味の理解.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Introduction: A brief history of the science and technology studies since 1930s  (日) 序論 : 1930年代以降の科学技術論の発展略史  
[継承]
2.(英) Philosophical understanding of science: (1) Greek classics and scholastic study  (日) 科学の哲学的分析 : (1)西欧古典学とスコラ自然学  
[継承]
3.(英) Philosophical understanding of science: (2) Science study in Enlightenment and German Classics  (日) 科学の哲学的分析 : (1)啓蒙主義とドイツ古典哲学における科学論  
[継承]
4.(英) Philosophical understanding of science: (3) Rise of the philosophy of science in the early twentieth century  (日) 科学の哲学的分析 : (1)20世紀初頭の科学哲学の発展  
[継承]
5.(英) Historical investigation of science and technology : (1) Emergence of the modern science  (日) 科学技術の歴史的研究 : (1)近代科学の形成  
[継承]
6.(英) Historical investigation of science and technology : (2) technology in the Medieval West and the non -Western World  (日) 科学技術の歴史的研究 : (2)西欧中世と非西欧世界の技術  
[継承]
7.(英) Historical investigation of science and technology : (3) Significance of the Industrial Revolution  (日) 科学技術の歴史的研究 : (3)産業革命の意義  
[継承]
8.(英) Sociology of science and technology: (1) Normative structure and Paradigm  (日) 科学技術の社会学 : (1)規範的構造とパラダイム論  
[継承]
9.(英) Sociology of science and technology: (2) Social constructivism and Laboratory life analysis  (日) 科学技術の社会学 : (2)社会的構成主義とラボラトリー·ライフ分析  
[継承]
10.(英) The 1950s model of science and technology policy in the Cold War  (日) 冷戦下科学技術政策の1950年モデル  
[継承]
11.(英) Innovation and Science and Technology  (日) イノベーションと科学技術  
[継承]
12.(英) Knowledge industrial society since 1970s: (1) Environmental problem and energy prpblem  (日) 1970年代以降の知識産業社会における課題 : 環境問題とエネルギー問題  
[継承]
13.(英) Knowledge industrial society since 1970s: (2) Computer science and Information society  (日) 1970年代以降の知識産業社会における課題 : コンピューターと情報化社会  
[継承]
14.(英) Science and technology in the global economy since 1990s  (日) 1990年代以降のグローバル経済における科学技術と社会  
[継承]
15.(英) Concluding remark: Science and technology in the future  (日) 結論的注意 : 科学技術の未来  
[継承]
評価 (必須):
再評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.伊坂 勝生
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 科学技術論 / Science and Technology Studies
欧文冊子 ● Science and Technology Studies / 科学技術論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(8)
Number of session users = 0, LA = 0.91, Max(EID) = 361616, Max(EOID) = 967827.