『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=124977)

EID=124977EID:124977, Map:0, LastModified:2009年12月21日(月) 17:07:25, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[博士後期課程運営委員会委員長]/[工学研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Life Science (日) 生命科学 (読) せいめいかがく
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
2.2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
3.2006/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士後期課程] [継承]
4.2006/[環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士後期課程] [継承]
5.2006/[エコシステム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
6.2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程] [継承]
7.2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.知能情報システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
8.2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.高木 博史 ([福井県立大学])
肩書 (任意):
[継承]
2.辻 明彦
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) Understanding of significance of protein in biotechnology  (日) バイオテクノロジーにおける蛋白質の重要性について理解させる   [継承]
概要 (必須): (英) Basics of structure, function and application of protein are introduced  (日) 蛋白質の構造,機能,応用の基礎について概説する   [継承]
キーワード (推奨): 1.蛋白質 (protein/->キーワード[タンパク質]) [継承]
2.酵素 (enzyme) [継承]
3.生命工学 (biotechnology) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) Understanding of multiple functions of proteins  (日) 蛋白質の多様な機能の理解  
[継承]
2.(英) Understanding of principle of protein engineering and its application  (日) 蛋白質工学の原理と応用の理解  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Introduction of life science  (日) 生命科学序論  
[継承]
2.(英) History of life science  (日) 生命科学の歴史  
[継承]
3.(英) Structure and function of DNA and RNA  (日) DNA, RNAの構造と機能  
[継承]
4.(英) mRNA is a template of protein  (日) mRNAは蛋白質の設計図である  
[継承]
5.(英) Duplication of DNA  (日) DNAの複製  
[継承]
6.(英) Regulation of protein expression  (日) 蛋白質の発現調節  
[継承]
7.(英) Human Genetics  (日) ヒトの遺伝  
[継承]
8.(英) Genetic disease  (日) 遺伝病  
[継承]
9.(英) DNA diagnosis  (日) DNA診断  
[継承]
10.(英) Structure and function of protein  (日) 蛋白質の構造と機能  
[継承]
11.(英) Principle of gene technology (1)  (日) 遺伝子工学の原理(1)  
[継承]
12.(英) Principle of gene technology (2)  (日) 遺伝子工学の原理(2)  
[継承]
13.(英) Protein engineering  (日) 蛋白工学  
[継承]
14.(英) Future of life science (1)  (日) 生命科学の将来(1)  
[継承]
15.(英) Future of life science (2)  (日) 生命科学の将来(2)  
[継承]
16.(英) Preparation of report  (日) レポート作成  
[継承]
評価 (必須): (英) Evaluation by report  (日) レポートで評価する   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英) To be introduced in the class  (日) 授業中に紹介   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) To be introduced in the class  (日) 授業中に紹介   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.辻 明彦
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2006/生命科学) 閲覧 【授業概要】(2007/生命科学)

標準的な表示

和文冊子 ● 生命科学 / Life Science
欧文冊子 ● Life Science / 生命科学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(16) 閲覧【授業概要】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.95, Max(EID) = 361616, Max(EOID) = 967827.