『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=122403)

EID=122403EID:122403, Map:0, LastModified:2013年6月14日(金) 11:31:01, Operator:[松井 栄里], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[吉岡 昌美], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.歯学部.歯学科.基礎口腔科学講座.予防歯学 (予防歯科学講座) [継承]
著者 (必須): 1.吉岡 昌美
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.横山 希実
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.福井 誠 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健衛生学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.横山 正明
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.田部 慎一
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.玉谷 香奈子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.日野出 大輔 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健衛生学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健基礎学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 官能試験の結果および質問票による口臭患者の分析   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The aim of this study is to analyze the characteristics of patients suffering from malodor using organoleptic rating and questionnaires. Patients who were examined for halitosis at the Clinic of Preventive Dentistry, Tokushima University Medical and Dental Hospital, were classified into 4 groups based on the results of organoleptic measurement using plastic air bag. Aa group; obvious malodor beyond a socially acceptable level is neither perceived by dentists nor the patient. Ab group; obvious malodor is not perceived by dentists, although the patient complains of its existence. Ba group; obvious malodor is perceived by dentists only. Bb group; obvious malodor is perceived by both dentists and the patient. The profile of the Cornell Medical Index (CMI) Health Questionnaire and the questionnaire about a general attitudes toward halitosis were analyzed in each category. Patients in Ab group, who are supposed to have psychosomatic halitosis, showed a stronger tendency toward neurosis. More patients in the Ab group responded in the questionnaire that "I'm always anxious about malodor", and that "I feel malodor stronger than before", than in the other groups. Furthermore, patients in Aa and Ab group seemed to be interested in oral hygiene since many patients in these groups habitually used inter-dental brushing instruments daily. These results suggest that the sell-evaluation of breath by patients might provide useful information about the psychological conditions of patients.  (日) 本研究の目的は, 官能試験や質問票の結果を用いて口臭患者の特性を分析することである.徳島大学医学部・歯学部附属病院歯科・予防歯科において口臭検査を受けた患者を, におい袋を用いた官能試験の結果をもとに分類し, 各群における患者のCMI健康調査表のプロファイルと口臭に関する質問票の答え方について分析した.すなわち, 複数の歯科医師(パネル)による官能試験の結果, 社会的容認限度をこえる不快な口臭が認められなかった群と認められた群をそれぞれA群, B群とし, 患者自身による評価で不快な口臭を認めなかった群と認めた群をそれぞれa群, b群として, クロス集計し, Aa群, Ab群, Ba群, Bb群の4群に分類した.CMI健康調査表の結果を各群別にみてみると, 自臭症傾向が強いと考えられるAb群では, ほかの群に比べて神経症傾向が強い人が多く含まれていた.また, Ab群では, 質問票のなかで「常に口臭を気にしている」, 「口臭の感じ方が強くなった」と答えた人の割合が多かった.また, Aa群, Ab群では, 歯間清掃用具を日常的に使用している率が高く, 口腔衛生に対して強い関心をもっていることが明らかとなった.これらの結果は口臭検査時に患者自身に口気を評価させることが, 患者の心理的状況の特性を把握するために有用な情報をもたらす可能性を示唆するものである.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 口臭 (読) [継承]
2. (英) (日) 官能試験 (読) [継承]
3. (英) (日) 質問票 (読) [継承]
4. (英) (日) 心因性口臭症 (読) [継承]
発行所 (推奨): 日本口腔衛生学会 [継承]
誌名 (必須): 口腔衛生学会雑誌 ([日本口腔衛生学会])
(pISSN: 0023-2831)

ISSN (任意): 0023-2831
ISSN: 0023-2831 (pISSN: 0023-2831)
Title: Koku Eisei Gakkai zasshi
Title(ISO): Koku Eisei Gakkai Zasshi
Supplier: 有限責任中間法人日本口腔衛生学会
Publisher: Japanese Society for Dental Health
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 55 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 83 88 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 4月 30日 (平成 17年 4月 30日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110004015531/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110004015531 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 吉岡 昌美, 横山 希実, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 日野出 大輔 : 官能試験の結果および質問票による口臭患者の分析, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.2, 83-88, 2005年.
欧文冊子 ● Masami Yoshioka, Nozomi Yokoyama, Makoto Fukui, Masaaki Yokoyama, Shin-ichi Tanabe, Kanako Tamatani and Daisuke Hinode : 官能試験の結果および質問票による口臭患者の分析, Journal of Dental Health, Vol.55, No.2, 83-88, 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.50, Max(EID) = 361923, Max(EOID) = 968363.