『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=121358)

EID=121358EID:121358, Map:0, LastModified:2013年5月30日(木) 14:09:12, Operator:[松井 栄里], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[渡辺 公次郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻 (〜2014年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Sato Shinji (日) 佐藤 信二 (読) さとう しんじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.近藤 光男
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.渡辺 公次郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) ANALYSIS OF DEMAND FOR BARRIER-FREE HOUSE AND EFFECT IN REDUCTION OF BURDEN  (日) 住宅のバリアフリー化に対する需要と負担の軽減効果に関する研究   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The study aims to analyze the demand and the effect for the barrier-free house from the economical viewpoint. Firstly, the questionnaire for inhabitant is executed to investigate the willingness to pay for each level of barrier-free. Using these data, the following analysis is executed. The Cobb-Duglass function is used as the demand function. The willingness to pay is used to analyze the effect of reduction of burden. From the results of the analysis related to the effect of the subsidy, regardless of the subsidy level, the demand of the arrangement of handrail was high, and the average of willingness to pay was nearly 1,100,000 yen.  (日)    [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Barrier-free House (日) バリアフリー住宅 (読) ばりあふりーじゅうたく [継承]
2. (英) Willingness to Pay (日) 支払意志額 (読) しはらいいしがく [継承]
3. (英) Demand Curve (日) 需要曲線 (読) じゅようきょくせん [継承]
4. (英) Cost Benefit Analysis (日) 費用便益分析 (読) ひようべんえきぶんせき [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 日本建築学会 [継承]
誌名 (必須): 日本建築学会計画系論文集 ([社団法人 日本建築学会])
(pISSN: 1340-4210, eISSN: 1881-8161)

ISSN (任意): 1340-4210
ISSN: 1340-4210 (pISSN: 1340-4210, eISSN: 1881-8161)
Title: 日本建築学会計画系論文集
Supplier: 一般社団法人日本建築学会
Publisher: Architectural Institute of Japan
 (Webcat Plus  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須):
(必須): 592 [継承]
(必須): 193 199 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2005年 6月 30日 (平成 17年 6月 30日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110004849672/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110004849672 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 佐藤 信二, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 住宅のバリアフリー化に対する需要と負担の軽減効果に関する研究, 日本建築学会計画系論文集, (巻), No.592, 193-199, 2005年.
欧文冊子 ● Shinji Sato, Akio Kondo and Kojiro WATANABE : ANALYSIS OF DEMAND FOR BARRIER-FREE HOUSE AND EFFECT IN REDUCTION OF BURDEN, Journal of Architecture and Planning, (巻), No.592, 193-199, 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.19, Max(EID) = 376481, Max(EOID) = 1008282.