『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120905)

EID=120905EID:120905, Map:0, LastModified:2009年8月17日(月) 16:02:58, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物反応工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Fukunaga, Takuya (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.長浜 正巳
役割 (任意): (英)   (日) 解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Hatsuzawa, Kiyotaka (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Tani, Katsuko (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Yamamoto, Akitsugu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Tagaya, Mitsuo (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Implication of sphingolipid metabolism in the stability of the Golgi apparatus  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ゴルジ体はBFAと呼ばれる試薬を培地中に添加することにより急速に崩壊することが知られているが,短鎖セラミドを添加するとこの減少は抑制される.またスフィンゴ脂質の代謝阻害剤もゴルジ体の崩壊や再形成に影響を与えることから,セラミド代謝がゴルジ体の構造安定性に大きく寄与しているこが示された.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Journal of Cell Science ([The Company of Biologists Limited])
(resolved by 0021-9533)
ISSN: 0021-9533 (pISSN: 0021-9533, eISSN: 1477-9137)
Title: Journal of cell science
Title(ISO): J Cell Sci
Publisher: Company of Biologists
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1477-9137)
ISSN: 0021-9533 (pISSN: 0021-9533, eISSN: 1477-9137)
Title: Journal of cell science
Title(ISO): J Cell Sci
Publisher: Company of Biologists
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 113 [継承]
(必須): 18 [継承]
(必須): 3299 3307 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2000年 9月 初日 (平成 12年 9月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Takuya Fukunaga, Masami Nagahama, Kiyotaka Hatsuzawa, Katsuko Tani, Akitsugu Yamamoto and Mitsuo Tagaya : Implication of sphingolipid metabolism in the stability of the Golgi apparatus, Journal of Cell Science, Vol.113, No.18, 3299-3307, 2000.
欧文冊子 ● Takuya Fukunaga, Masami Nagahama, Kiyotaka Hatsuzawa, Katsuko Tani, Akitsugu Yamamoto and Mitsuo Tagaya : Implication of sphingolipid metabolism in the stability of the Golgi apparatus, Journal of Cell Science, Vol.113, No.18, 3299-3307, 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.07, Max(EID) = 376274, Max(EOID) = 1007890.