『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120896)

EID=120896EID:120896, Map:0, LastModified:2009年8月17日(月) 13:43:34, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物反応工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.長浜 正巳
役割 (任意): (英)   (日) 計画,実験,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Ikemizu Jo (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Misumi Yoshio (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Ikehara Yukio (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Murakami Kazuo (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Nakayama Kazuhisa (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Evidence that differentiates between precursor cleavages at dibasic and Arg-X-Lys/Arg-Arg sites  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 前駆体タンパク質の切断部位は,単なる塩基性アミノ酸対から成る場合と,Arg-X-Lys/Arg-Arg配列から成る場合がある.単純な塩基性アミノ酸対は分泌顆粒に存在するPC1/3,PC2などのプロテアーゼによって認識される一方で,Arg-X-Lys/Arg-Arg配列は,構成的分泌の過程でトランスゴルジネットワークに存在するフリンによって認識されることを示した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): The Journal of Biochemistry ([日本生化学会])
(resolved by 0021-924X)
ISSN: 0021-924X (pISSN: 0021-924X, eISSN: 1756-2651)
Title: Journal of biochemistry
Title(ISO): J Biochem
Supplier: Oxford University Press
Publisher: Oxford University Press
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1756-2651)
ISSN: 0021-924X (pISSN: 0021-924X, eISSN: 1756-2651)
Title: Journal of biochemistry
Title(ISO): J Biochem
Supplier: Oxford University Press
Publisher: Oxford University Press
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 110 [継承]
(必須): 5 [継承]
(必須): 806 811 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1991年 9月 初日 (平成 3年 9月 初日) [継承]
URL (任意): http://jb.oxfordjournals.org/cgi/content/abstract/110/5/806 [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Masami Nagahama, Jo Ikemizu, Yoshio Misumi, Yukio Ikehara, Kazuo Murakami and Kazuhisa Nakayama : Evidence that differentiates between precursor cleavages at dibasic and Arg-X-Lys/Arg-Arg sites, The Journal of Biochemistry, Vol.110, No.5, 806-811, 1991.
欧文冊子 ● Masami Nagahama, Jo Ikemizu, Yoshio Misumi, Yukio Ikehara, Kazuo Murakami and Kazuhisa Nakayama : Evidence that differentiates between precursor cleavages at dibasic and Arg-X-Lys/Arg-Arg sites, The Journal of Biochemistry, Vol.110, No.5, 806-811, 1991.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.41, Max(EID) = 376481, Max(EOID) = 1008282.