『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=118356)

EID=118356EID:118356, Map:0, LastModified:2010年10月18日(月) 22:19:13, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[河村 保彦], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術レター (ショートペーパー) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.河村 保彦 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 計画,実験,考察,記述の一部   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Hayashi, Shuzo (日) 林 修三 (読) はやし しゅうぞう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.津嘉山 正夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Horie, Tokunaru (日) 堀江 徳愛 (読) ほりえ とくなる
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Intramolecular Hydrogen Migration of Geometrically Constrained 3,3-Diphenyl-2-t-butyloxaziridine  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 四面体 N-オキシドのCope脱離反応は良く研究されている.本論文は,限られた研究しかない三方型 N-オキシドであるニトロンの同反応を,異性体であるオキサジリジンの熱反応の観点から扱ったものである.それまでの研究では,一旦ニトロンに開環してからCope脱離が起こるとされた.しかし,詳細な動力学的実験の結果,こうしたニトロンを経ることなく,分子内の水素移動を経てオレフィンの脱離を伴い,直接オキシムに開環する事を明らかにした.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 日本化学会 [継承]
誌名 (必須): Chemistry Letters ([社団法人 日本化学会])
(resolved by 0366-7022)
ISSN: 0366-7022 (pISSN: 0366-7022, eISSN: 1348-0715)
Title: Chemistry letters
Title(ISO): Chem. Lett.
Supplier: 公益社団法人 日本化学会
Publisher: Chemical Society of Japan/Nippon Kagakukai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1348-0715)
ISSN: 0366-7022 (pISSN: 0366-7022, eISSN: 1348-0715)
Title: Chemistry letters
Title(ISO): Chem. Lett.
Supplier: 公益社団法人 日本化学会
Publisher: Chemical Society of Japan/Nippon Kagakukai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須): 4 [継承]
(必須): 565 568 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1991年 4月 初日 (平成 3年 4月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Yasuhiko Kawamura, Shuzo Hayashi, Masao Tsukayama and Tokunaru Horie : Intramolecular Hydrogen Migration of Geometrically Constrained 3,3-Diphenyl-2-t-butyloxaziridine, Chemistry Letters, (巻), No.4, 565-568, 1991.
欧文冊子 ● Yasuhiko Kawamura, Shuzo Hayashi, Masao Tsukayama and Tokunaru Horie : Intramolecular Hydrogen Migration of Geometrically Constrained 3,3-Diphenyl-2-t-butyloxaziridine, Chemistry Letters, (巻), No.4, 565-568, 1991.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.02, Max(EID) = 364632, Max(EOID) = 976570.