『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=118347)

EID=118347EID:118347, Map:0, LastModified:2010年10月18日(月) 22:18:29, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[河村 保彦], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.津嘉山 正夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.河村 保彦 ([徳島大学])
役割 (任意): (英)   (日) 実験,考察,記述の一部   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Tamaki, Hiroto (日) 玉置 寛人 (読) たまき ひろと
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Kubo, Tomoya (日) 久保 朋也 (読) くぼ ともや
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Horie, Tokunaru (日) 堀江 徳愛 (読) ほりえ とくなる
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Synthesis of Pyranoisoflavones from Pyronochalcones: Synthesis of Elongatin and Its Angular Isomer  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ピラノイソフラボン類の簡便な合成法の開発を目的として,ピロノイソフラボンからの誘導法について検討した.方法として,対応するカルコンからイソフラボンへの酸化転位反応を用いた閉環,ピロノカルボニル基の水素化ホウ素ナトリウムによる選択的な還元等を応用した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 日本化学会 [継承]
誌名 (必須): Bulletin of the Chemical Society of Japan ([社団法人 日本化学会])
(resolved by 0009-2673)
ISSN: 0009-2673 (pISSN: 0009-2673, eISSN: 1348-0634)
Title: Bulletin of the Chemical Society of Japan
Title(ISO): Bull. Chem. Soc. Jpn.
Supplier: 公益社団法人 日本化学会
Publisher: Chemical Society of Japan/Nippon Kagakukai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1348-0634)
ISSN: 0009-2673 (pISSN: 0009-2673, eISSN: 1348-0634)
Title: Bulletin of the Chemical Society of Japan
Title(ISO): Bull. Chem. Soc. Jpn.
Supplier: 公益社団法人 日本化学会
Publisher: Chemical Society of Japan/Nippon Kagakukai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 62 [継承]
(必須): 3 [継承]
(必須): 826 832 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1989年 3月 初日 (平成 元年 3月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Masao Tsukayama, Yasuhiko Kawamura, Hiroto Tamaki, Tomoya Kubo and Tokunaru Horie : Synthesis of Pyranoisoflavones from Pyronochalcones: Synthesis of Elongatin and Its Angular Isomer, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.62, No.3, 826-832, 1989.
欧文冊子 ● Masao Tsukayama, Yasuhiko Kawamura, Hiroto Tamaki, Tomoya Kubo and Tokunaru Horie : Synthesis of Pyranoisoflavones from Pyronochalcones: Synthesis of Elongatin and Its Angular Isomer, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.62, No.3, 826-832, 1989.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.93, Max(EID) = 364768, Max(EOID) = 976859.