『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=118084)

EID=118084EID:118084, Map:0, LastModified:2017年1月18日(水) 14:06:30, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.Elsevier Science [継承]
著者 (必須): 1.金崎 英二
役割 (任意): (英)   (日) 実験及び解析   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Nishi Nobuyuki (日) 西 信之 (読)
役割 (任意): (英)   (日) 論文作成   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kinoshita Minoru (日) 木下 実 (読)
役割 (任意): (英)   (日) 研究指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Niimori Kazumi (日) (読)
役割 (任意): (英)   (日) 実験   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Vibronic interaction in the Phosphorescent Triplet State of p-Chloroaniline as Studied by the Method of Microwave Induced Delayed Phosphorescence  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文は,低温剛体溶媒中のp-クロロアニリンのりん光状態における振電相互作用の詳細をMIDP法により研究したものである.リン光状態の三つのスピン準位それぞれにおける振動スペクトルの測定に成功した.その結果,異なる対称性を持つスピン準位の中,Tz準位からのスペクトル中に非全対称振動が強く現れることが明らかになり,リン光状態におけるJahn-Teller効果の存在を示唆した   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Elsevier Science [継承]
誌名 (必須): Chemical Physics Letters ([Elsevier])
(resolved by 0009-2614)
ISSN: 0009-2614 (pISSN: 0009-2614)
Title: Chemical physics letters
Title(ISO): Chem Phys Lett
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 29 [継承]
(必須): 4 [継承]
(必須): 529 533 [継承]
都市 (任意): アムステルダム (Amsterdam/[オランダ王国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1974年 12月 15日 (昭和 49年 12月 15日) [継承]
URL (任意): http://adsabs.harvard.edu/abs/1974CPL....29..529K [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Eiji Kanezaki, Nobuyuki Nishi, Minoru Kinoshita and Kazumi Niimori : Vibronic interaction in the Phosphorescent Triplet State of p-Chloroaniline as Studied by the Method of Microwave Induced Delayed Phosphorescence, Chemical Physics Letters, Vol.29, No.4, 529-533, 1974.
欧文冊子 ● Eiji Kanezaki, Nobuyuki Nishi, Minoru Kinoshita and Kazumi Niimori : Vibronic interaction in the Phosphorescent Triplet State of p-Chloroaniline as Studied by the Method of Microwave Induced Delayed Phosphorescence, Chemical Physics Letters, Vol.29, No.4, 529-533, 1974.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.65, Max(EID) = 374126, Max(EOID) = 1001868.