『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116673)

EID=116673EID:116673, Map:0, LastModified:2005年3月15日(火) 11:06:29, Operator:[安野 卓], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[安野 卓], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): その他·研究会 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.電気電子工学科.電気エネルギー講座 [継承]
著者 (必須): 1.安野 卓 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.鎌野 琢也
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Yamanaka Yuji (日) 山中 祐治 (読) やまなか ゆうじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Son Yurak (日) 孫 悠洛 (読) そん ゆうらく
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Motion Control for Autonomous Mobile Robot using Operator's Decision-Making Skill Based on Image Information  (日) 画像処理情報に基づく人間の状況判断スキルを用いた自律型移動ロボットの走行制御   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文では,未知走行環境において自律移動可能な知能ロボットを実現するためには,視覚情報が不可欠であるとの観点から,汎用的かつ手軽な非接触外界センサの一つである小型CMOSカメラを使用し,得られる局所的な画像情報を環境情報として用いることを考えている.そして,得られた様々なシーンと自律型移動ロボットの取るべき行動とを関連付ける写像関数を階層型ニューラルネットワークの学習機能を用いて獲得している.このとき,オペレータが実際に画像情報のみを参照しながら移動ロボットを操縦したときの操作データを教師データとし,階層型ニューラルネットワークによりオペレータの状況判断スキルを実現している.さらに,学習したニューラルネットワークの適応能力を確認するために,未知環境下で種々の走行実験を行い,提案する制御システムの有用性を確認している.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 電気学会 [継承]
誌名 (必須): 電気学会研究会資料 ([電気学会])
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須): IIC04-89 [継承]
(必須): 65 70 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2004年 7月 初日 (平成 16年 7月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 安野 卓, 鎌野 琢也, 山中 祐治, 孫 悠洛 : 画像処理情報に基づく人間の状況判断スキルを用いた自律型移動ロボットの走行制御, 電気学会研究会資料, (巻), No.IIC04-89, 65-70, 2004年7月.
欧文冊子 ● Takashi Yasuno, Takuya Kamano, Yuji Yamanaka and Yurak Son : Motion Control for Autonomous Mobile Robot using Operator's Decision-Making Skill Based on Image Information, The Papers of Technical Meeting, IEE JAPAN, (巻), No.IIC04-89, 65-70, July 2004.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.43, Max(EID) = 348641, Max(EOID) = 936377.