『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116558)

EID=116558EID:116558, Map:0, LastModified:2007年6月26日(火) 15:59:23, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Tanaka Mitsuru (日) 田中 満 (読) たなか みつる
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 解析,考察,記述   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Nishimoto Wataru (日) 西本 亘 (読) にしもと わたる
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Takabatake Hiroyuki (日) 高畑 博之 (読) たかばたけ ひろゆき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) The Viscosities of Aqueous Sodium Alkylsulfate and Alkyltrimethylammonium Bromide Solutions  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 炭素数が2 ∼ 12のアルキル硫酸ナトリウムおよび臭化アルキルトリメチルアンモニウム水溶液の粘度を5 ∼ 55 ℃の温度範囲で測定し,粘性B係数の値より水和水の構造に関して議論した.B係数はアルキル鎖長と共に増大し,温度が上昇すると降下した.粘性流動の活性化エネルギーおよびエントロピーより,炭化水素鎖のまわりの構造水は鎖長と共に促進される.疎水性水和は生体膜や生体高分子における基本的な分子間力である.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 日本化学会 [継承]
誌名 (必須): Bulletin of the Chemical Society of Japan ([社団法人 日本化学会])
(resolved by 0009-2673)
ISSN: 0009-2673 (pISSN: 0009-2673, eISSN: 1348-0634)
Title: Bulletin of the Chemical Society of Japan
Title(ISO): Bull Chem Soc Jpn
Supplier: 公益社団法人 日本化学会
Publisher: Chemical Society of Japan/Nippon Kagakukai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1348-0634)
ISSN: 0009-2673 (pISSN: 0009-2673, eISSN: 1348-0634)
Title: Bulletin of the Chemical Society of Japan
Title(ISO): Bull Chem Soc Jpn
Supplier: 公益社団法人 日本化学会
Publisher: Chemical Society of Japan/Nippon Kagakukai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 46 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 364 368 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1973年 2月 1日 (昭和 48年 2月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Mitsuru Tanaka, Shoji Kaneshina, Wataru Nishimoto and Hiroyuki Takabatake : The Viscosities of Aqueous Sodium Alkylsulfate and Alkyltrimethylammonium Bromide Solutions, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.46, No.2, 364-368, 1973.
欧文冊子 ● Mitsuru Tanaka, Shoji Kaneshina, Wataru Nishimoto and Hiroyuki Takabatake : The Viscosities of Aqueous Sodium Alkylsulfate and Alkyltrimethylammonium Bromide Solutions, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.46, No.2, 364-368, 1973.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 2.95, Max(EID) = 374826, Max(EOID) = 1004514.