『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116380)

EID=116380EID:116380, Map:0, LastModified:2017年1月18日(水) 15:59:03, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.Kluwer Academic Publishers (〜2004年2月末日/->組織[Springer-Verlag]) [継承]
著者 (必須): 1.金崎 英二
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Variable Interlayer Distance of Intercalates of Naphthalenedisulfonate Isomers in hydrotalcite-Loke Zn and Al layered Double-Hydroxides  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文では,層間にナフタレンジスルホン酸陰イオンをインタ-カレ-トしたZn/Al-LDHを種々の条件下で合成し,XRDにより基本面間隔を測定した.得られた結晶性固体においては,合成条件に依存する二種の値が得られた.基本面間隔1.7nmの固体は,共通に,副生成物として,層間に有機物を含まないLDHを生じた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Kluwer Academic Publishers (〜2004年2月末日/->組織[Springer-Verlag]) [継承]
誌名 (必須): (英) Journal of Inclusion Phenomena and macromolecular Recognition in Chemistry (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 24 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 341 351 [継承]
都市 (任意): (英) Dordrecht (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1996年 12月 初日 (平成 8年 12月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Eiji Kanezaki : Variable Interlayer Distance of Intercalates of Naphthalenedisulfonate Isomers in hydrotalcite-Loke Zn and Al layered Double-Hydroxides, Journal of Inclusion Phenomena and macromolecular Recognition in Chemistry, Vol.24, 341-351, 1996.
欧文冊子 ● Eiji Kanezaki : Variable Interlayer Distance of Intercalates of Naphthalenedisulfonate Isomers in hydrotalcite-Loke Zn and Al layered Double-Hydroxides, Journal of Inclusion Phenomena and macromolecular Recognition in Chemistry, Vol.24, 341-351, 1996.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.61, Max(EID) = 382146, Max(EOID) = 1020820.