『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=114572)

EID=114572EID:114572, Map:0, LastModified:2011年4月6日(水) 19:47:22, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2005年 (平成 17年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 商法II (読) しょうほう
[継承]
コース (必須): 1.2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.西川 義晃
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 現在の経済社会でその中心を担っているのは主に株式会社です.株式会社は本来,証券市場から資金を調達して大規模な経営を行う企業形態ですが,戦後の経済復興の過程では,家族経営の小規模な株式会社が多数設立され,資金調達も銀行借入れが中心でした.その結果,学説の関心も,主として証券市場の存在を前提としない,同族的な株式会社に向けられてきました.これに対して,現在,一部の企業が大規模化し,また,証券市場も拡大しそれらの影響が大きくなるなか,大規模で公開性の株式会社の法規制が極めて重要な課題となっています.これに伴い,近年,商法の改正が相次いでいます.本講義では従来の会社法の理解にどういった限界があるのか,会社法で何が変わろうとしているのかについて理解することを目的とします.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 「商法II」では,商法のうち会社法を中心に,特に,株式会社の機関関係以外の分野,すなわち,証券市場からの資金調達,会社の計算,設立·企業再編を考察します.以下の項目を1,2回で講義していきます.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 「商法I」と合わせて履修することが望ましい.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 株式会社の資金調達,計算,設立,企業再編について基礎知識を得,理解を深める.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 株式  
[継承]
2.(英)   (日) 新株発行  
[継承]
3.(英)   (日) 社債  
[継承]
4.(英)   (日) 新株予約権·ストックオプション  
[継承]
5.(英)   (日) 開示規制  
[継承]
6.(英)   (日) 配当規制  
[継承]
7.(英)   (日) 株式会社の設立  
[継承]
8.(英)   (日) 企業再編  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 学期末に論文式の試験を実施する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) なし   [継承]
対象学生 (不用): 他学部,他大学学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 酒巻俊雄·上村達男(編)『会社法』(青林書院,2003年)を用います.基本的に教科書に沿って講義しますが,適宜レジュメを配付する予定です.参考書等は必要に応じて,講義の中で紹介します.商法はここ数年,改正が相次いでいますので,必ず最新の六法を持参して下さい(『デイリー六法』『ポケット六法』『コンパクト六法』のいずれかで結構です).   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.西川 義晃
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 水曜日7·8講時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 商法II / 商法II
欧文冊子 ● 商法II / 商法II

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 1, LA = 1.59, Max(EID) = 383938, Max(EOID) = 1026856.