『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=114530)

EID=114530EID:114530, Map:0, LastModified:2011年4月11日(月) 15:34:29, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2005年 (平成 17年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 化学環境システム論 (読) かがくかんきょうしすてむろん
[継承]
コース (必須): 1.2005/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質·環境コース.物理系サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2005/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質·環境コース.化学系サブコース]/[学士課程] [継承]
3.2005/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質·環境コース.地学系サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.関澤 純
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 元素の発生,地球上生命の誕生からはじまり,私たちは化学物質をどのように利用してきたかを知る.どこから,どんな問題が出てきたかを考え,解決方向を探る上で,化学物質の環境中の動き,生体内での変化や活性について基本的な理解を深める.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 化学と環境·生命   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 授業中に時々クイズを出し,次回までに調べてきて発表してもらう.発表内容について討議する.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 最終的に健康で安全な生活を送るために,どうすれば良いかについて討議する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 地球環境と生物の歴史  
[継承]
2.(英)   (日) 文明の発展と化学物質,環境問題  
[継承]
3.(英)   (日) 水環境と化学物質  
[継承]
4.(英)   (日) 大気環境と化学物質  
[継承]
5.(英)   (日) 農薬·肥料と農業  
[継承]
6.(英)   (日) 食糧,人口問題と遺伝子組み替え作物  
[継承]
7.(英)   (日) 廃棄物問題と環境型社会  
[継承]
8.(英)   (日) ダイオキシンと内分泌かく乱化学物質  
[継承]
9.(英)   (日) 化学物質の環境動態  
[継承]
10.(英)   (日) 化学物質の生体内運命  
[継承]
11.(英)   (日) 健康·長寿と化学物質  
[継承]
12.(英)   (日) ライフスタイルと疾病  
[継承]
13.(英)   (日) 演習  
[継承]
14.(英)   (日) 試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業中の発表と試験結果の総合による   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) なし   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 「しのびよる化学物質汚染」安原昭夫(1999)合同出版   [継承]
2.(英)   (日) 「生活習慣病を防ぐ」香川靖雄(2000)岩波新書ほか   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.関澤 純
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 後ほど案内する   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 化学環境システム論 / 化学環境システム論
欧文冊子 ● 化学環境システム論 / 化学環境システム論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(3)
Number of session users = 0, LA = 0.19, Max(EID) = 392241, Max(EOID) = 1059776.