『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=114232)

EID=114232EID:114232, Map:0, LastModified:2011年4月6日(水) 20:11:27, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2005年 (平成 17年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 量子物質科学 (読) りょうしぶっしつかがく
[継承]
コース (必須): 1.2005/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質·環境コース.物理系サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.中山 信太郎
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 物質の究極構造である原子核やその性質はわれわれの社会に重要な影響を与えている.原子核は考古学的対象や岩石生成の年代測定,医療診断と治療,化学分析,放射線損傷,原子力発電,家庭用煙感知器などのそうさにまで関係している.ここでは原子核の基本的性質について解説する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 原子の構造と原子核の存在について講義する.基本的な性質がどのように認識されてきたかを理論と実験の相互的側面から解説する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) この講義では原子核という領域における自然現象を解説する.これまでの授業で学習してきた「物理学」「化学」の基礎的項目の上に説明がなされるわけで,基礎的項目を応用できるようにする.特に,これまでに学習した科学の基礎的知識は必須である.講義時間に小テストを行う.出席と成績の基礎点にする.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 物質構造の核である原子核について,その空間的大きさ,形,スピン,パリティ,アイソスピン,結合エネルギーについて理解する.また,自然界に存在する原子核の種類が何によって決まるかを核力の性質から説明できるようになる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) Introduction : History,原子質量,原子構造  
[継承]
2.(英)   (日) Rutherford散乱 : 衝突係数,角運動量の保存,散乱断面積,原子核の大きさ  
[継承]
3.(英)   (日) 中性子の発見 : アイソトープの存在,セグレ-チャート,コンプトン散乱と2体衝突  
[継承]
4.(英)   (日) アイソスピン : 陽子と中性子=核子(1つの粒子の2つの異なる量子状態),交換演算子, 昇降演算子  
[継承]
5.(英)   (日) 原子核の大きさと形 : 電子散乱にみる原子核  
[継承]
6.(英)   (日) 原子核結合エネルギーの解放 : 結合エネルギー,核融合反応,核分裂反応  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 小テストと期末試験   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) なし   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書:「現代物理学の基礎」バイザー著,好学社   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.中山 信太郎
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 時間の許すときはいつでも可.   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 量子物質科学 / 量子物質科学
欧文冊子 ● 量子物質科学 / 量子物質科学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 5, LA = 0.17, Max(EID) = 392220, Max(EOID) = 1059666.