『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=114219)

EID=114219EID:114219, Map:0, LastModified:2007年12月28日(金) 21:52:12, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2005年 (平成 17年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) ドイツ言語文化研究III (その1) (読) どいつげんごぶんかけんきゅう
[継承]
コース (必須): 1.2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.曾田 紘二
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 昔話や子供の文学,小説などの物語を手掛かりにして,ドイツ,ヨーロッパと日本 の文化の基層を突き合わせ,それぞれの違い,特徴を知る.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 日本の文化と比較しながらドイツ,ヨーロッパ文化の基層を調べ,それぞれの特徴を探る.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 特になし.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 下記のテーマについて論述する際に必要な術語と,その基本的な意味を知り,これらの事柄について自分なりに論を展開できるようにする.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 以下の事項について講義をし,それをもとに質疑を行います.  
[継承]
2.(英)   (日) 1,2. グリムの昔話の中心テーマ「成長発展」  
[継承]
3.(英)   (日) 3,4. 日本の昔話の特徴  
[継承]
4.(英)   (日) 5,6. 昔話の日·欧比較 - 人間と自然の関係をめぐって  
[継承]
5.(英)   (日) 7,8. 西洋の児童文学の中心テーマ「成長発展」  
[継承]
6.(英)   (日) 9,10. Bildungsroman(自己形成物語)のテーマ「成長発展」とその限界  
[継承]
7.(英)   (日) 11,12. 日本的物語<私小説>の特徴  
[継承]
8.(英)   (日) 13,14. 物語構成の2つの軸 - 生成発展(時間的展開)と連想的イメージ(絵画的 展開)  
[継承]
9.(英)   (日) 15. まとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席とレポートで評価します.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) レポート再提出のかたちで行ないます.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書は使わず,授業はすべてプリントで行ないます.参考図書は授業中に,そのつど紹介します.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.曾田 紘二
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 火曜日 15時∼16時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● ドイツ言語文化研究III (その1) / ドイツ言語文化研究III (その1)
欧文冊子 ● ドイツ言語文化研究III (その1) / ドイツ言語文化研究III (その1)

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)
Number of session users = 12, LA = 0.54, Max(EID) = 378180, Max(EOID) = 1011823.