『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=114154)

EID=114154EID:114154, Map:0, LastModified:2011年4月7日(木) 17:08:36, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2005年 (平成 17年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 分子反応システム論II (読) ぶんしはんのうしすてむろん
[継承]
コース (必須): 1.2005/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質·環境コース.物理系サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2005/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質·環境コース.化学系サブコース]/[学士課程] [継承]
3.2005/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質·環境コース.地学系サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.和田 眞
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 先ず,有機物質系の化学I,IIおよび分子反応システム論Iでは講義できなかった反応や,その応用について講義する.引き続き,反応は何故起こるのか,反応の選択性はどうして生じるのか,その理由を電子論および分子軌道論を活用して理論的に考察し,反応のメカニズムを理解することを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 有機化学反応のメカニズム   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 出席を重視する.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 有機化学が暗記ではなく,理屈に則った科学であることを理解し,有機反応論にしたがって矢印を用いて,また分子軌道論を使って,有機化学反応を説明できるようになることを到達目標とする.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 1.酸化·還元反応―アルコール,アルデヒド,カルボン酸,オレフィンの酸化·還元反応―  
[継承]
2.(英)   (日) 2.ラジカル反応および光反応  
[継承]
3.(英)   (日) 3.Diels-Alder反応と電子環状反応  
[継承]
4.(英)   (日) 4.HSAB則と有機化学反応  
[継承]
5.(英)   (日) 5.反応の選択性(化学選択性,位置選択性,立体選択性)  
[継承]
6.(英)   (日) 以上について,講義する.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 本授業は講義形式で行うが,授業中に学生に数多く質問をしながら授業を進める.したがって,出席状況や質疑応答といった授業への取り組み姿勢点と,期末試験(ノート等の持込み禁止)結果を併用して評価する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 基本的には実施しない   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書:ソロモンの新有機化学 第4版(上·下)(花房昭静·池田正澄·仲嶋正一訳,廣川 書店)   [継承]
2.(英)   (日) 参考書:反応論による有機化学(稲本直樹著,実教出版)   [継承]
3.(英)   (日) 基礎有機化学(向山光昭編,丸善株式会社)   [継承]
4.(英)   (日) パワーノート有機化学(山本尚編,廣川書店)   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.和田 眞
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 後期 月曜日 12時∼13時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 分子反応システム論II / 分子反応システム論II
欧文冊子 ● 分子反応システム論II / 分子反応システム論II

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(3)
Number of session users = 0, LA = 0.18, Max(EID) = 392241, Max(EOID) = 1059776.