『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=112661)

EID=112661EID:112661, Map:[2004/弾性力学], LastModified:2007年12月28日(金) 23:10:26, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2005年 (平成 17年) [継承]
名称 (必須): (英) Elasticity (日) 弾性力学 (読) だんせいりきがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2005/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.山田 勝稔
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 有限要素法の発達によって設計業務がルールによる設計から解析による設計が常識になっている現 在,得られた解析結果を解釈する能力が重要であり,きちんと理論構成された弾性学の必要性が増している. さらに, 有限要素法,塑性力学及び破壊力学等の他の固体力学分野の基礎学問としての側面も持つ. 本講義では,このような 弾性力学の基礎を厳選した内容をもとに理解させことを目標とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 応力,ひずみの定義とテンソルとしての性質を説明した後,弾性体の支配 方程式とそれと等価なエネルギー原理を述べる.次いで,2次元問題, ねじり問題の定式化を説明した後,基本的で重要な幾つかの問題に適用し, 得られた解の性質,物理的意味を理解させる.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨): 1.材料力学1 ([2005/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2004/材料力学1])
必要度 (任意):
[継承]
2.材料力学2 ([2005/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2004/材料力学2])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 材料力学を良く理解しておくこと.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 講義時間の2倍の時間を予習,復習に当てること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 応力とひずみの定義とそのテンソルとしての性質を理解させる.  
[継承]
2.(英)   (日) 変形する物体の支配原理と定式化を理解させる.  
[継承]
3.(英)   (日) 基本的で重要な若干の問題に適用し,問題のモデル化,解法,得られた解の性質を理解させる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 応力と応力の釣合い方程式  
[継承]
2.(英)   (日) 応力成分の座標変換  
[継承]
3.(英)   (日) ひずみとひずみの適合条件式  
[継承]
4.(英)   (日) ひずみ成分の座標変換とフックの法則  
[継承]
5.(英)   (日) 弾性体の支配方程式  
[継承]
6.(英)   (日) 中間試験  
[継承]
7.(英)   (日) 平面応力と平面ひずみ  
[継承]
8.(英)   (日) 応力関数  
[継承]
9.(英)   (日) はりの厳密解  
[継承]
10.(英)   (日) 極座標による平面問題  
[継承]
11.(英)   (日) 内外圧を受ける厚肉円筒  
[継承]
12.(英)   (日) 円孔を有する無限板の引張り  
[継承]
13.(英)   (日) き裂先端の応力  
[継承]
14.(英)   (日) ねじり  
[継承]
15.(英)   (日) 長方形断面棒のねじり  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義に対する理解力の評価は,授業への取組み(30%)と中間試験と期末試験(70%)の成績を総合評価する.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 阿部武治 編「弾性力学」朝倉書店   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) S.P.Timoshenko and J.N.Goodier 著 「Theory of Elasticity」3rd ed McGraw-Hill   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.山田 勝稔
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2004/弾性力学)
            →閲覧 【授業概要】(2003/弾性力学)
                →閲覧 【授業概要】(2002/弾性力学)
                    →閲覧 【授業概要】(2001/弾性力学)
                        →閲覧 【授業概要】(2000/弾性力学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2004/弾性力学) 閲覧 【授業概要】(2005/弾性力学) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 弾性力学 / Elasticity
欧文冊子 ● Elasticity / 弾性力学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.54, Max(EID) = 366567, Max(EOID) = 981878.